中学生以下無料「ルノワール展」…親子向け舞踏会の折り紙細工も

趣味・娯楽 その他

 オルセー美術館とオランジュリー美術館所蔵の絵画や彫刻などを展示する「ルノワール展」が、国立新美術館で4月27日~8月22日に開催される。中学生以下は観覧料無料。会期中は記念講演や、子ども向けワークショップ、コンサートなどを同時開催する。

 「ルノワール展」では、世界でも有数のルノワール・コレクションを誇るオルセー美術館とオランジュリー美術館の両美術館が所蔵する、100点を超える絵画や彫刻、デッサン、パステル、貴重な資料の数々が展示されるほか、ルノワールの最高傑作「ムーラン・ ド ・ ラ・ギャレットの舞踏会」が、日本ではじめて展示される。

 また会期中は、ルノワール展の監修者で、前オルセー美術館絵画部門主任学芸員、シルヴィ・パトリ氏による「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」についての講演会をはじめ、子どもと保護者向けのワークショップ「舞踏会の折り紙細工」や、チェロのコンサートなど、ルノワール展開催を記念したさまざまなイベントが実施される。

 イベント参加はいずれも無料。8月7日に開催される子ども向けワークショップ「舞踏会の折り紙細工」のみ事前申込みが必要で、それ以外は先着順。イベントの日時や定員などの詳細は、展覧会Webサイトのイベント情報ページで確認できる。

◆オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵「ルノワール展」
会場:国立新美術館
会期:4月27日(水)~8月22日(月)
観覧料(税込):一般1,600円/大学生1,200円/高校生800円
※中学生以下無料
前売券(税込):一般1,400円/大学生1,000円/高校生600円
※前売券は4月26日(火)まで販売(国立新美術館では4月25日まで)
早割ペアチケット(税込):2,200円※3月31日(木)まで販売
《塩田純子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)