大阪のカトリック6校、2017年4月に教育改革実施…ICT導入や共学化も

教育・受験 高校生

 聖母女学院と聖母被昇天学院の各小学校、中学校、高校、計6校は、2017年4月に教育改革を実施する。「21世紀型教育」を始動させるほか、校名変更や男女共学化も同時に進行。時代の変化とグローバル社会に対応し、次世代に活躍できる人材育成を目指す。

 2017年4月に教育改革を実施するのは、大阪の学校法人「聖母女学院」と「聖母被昇天学院」。大阪聖母学院小学校、大阪聖母女学院中学校・大阪聖母女学院高等学校、聖母被昇天学院小学校、聖母被昇天学院中学校、聖母被昇天学院高等学校の計6校で実施する。

 教育改革は、「21世紀型教育への転換」「校名変更」「男女共学化」の3つを軸に展開。「21世紀型教育への転換」では、コミュニケーション能力や批判的思考力、問題解決能力などの「21世紀型スキル」を養い伸ばす教育への転換に取り組むため、英語で行う授業を強化する。

 大阪聖母にはスーパーイングリッシュコース、聖母被昇天にはアサンプションイングリッシュコースが設置されるほか、小学1年生から算数、理科、社会などでネイティブ教員による英語での授業(イマージョン教育)も実施する。高校卒業時には、4技能英語を習得し、英語で議論ができるレベルを目指すという。

 さらに、アクティブラーニングによる課題解決型授業を実施。すべてにおいて、自ら考え答えを求める方式への転換を図り、高い英語力だけでなく、グローバルに活躍できる能力を養う。また、集団授業において個別対応を可能にするため、ICTを活用した授業も実施する。全員がタブレットを所有し、個別理解を深め生徒の能力に応じた学習理解ができるほか、個々による英会話実習ができるようになり、効果的な教育が展開される。

 なお、2017年4月より、大阪聖母学院小学校、大阪聖母女学院中学校、大阪聖母女学院高等学校は「香里ヌヴェール学院小学校」「香里ヌヴェール学院中学校」「香里ヌヴェール学院高等学校」へ、聖母被昇天学院小学校、聖母被昇天学院中学校、聖母被昇天学院高等学校は「アサンプション国際小学校」「アサンプション国際中学校」「アサンプション国際高等学校」へと校名変更を行う。

 このほか、大阪聖母学院中学校・高等学校と聖母被昇天学院小・中・高の5校では2017年4月の入学生より男子児童・生徒の受入れを開始する。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)