ほぼ日手帳2017年ラインアップ発表、全79種類で9/1発売

趣味・娯楽 その他

ミナ ペルホネン
  • ミナ ペルホネン
  • ポッテンバーントーキー
  • カクマ
  • 2017年1月はじまりの「ほぼ日手帖2017」が全79種類のラインアップで発売
  • 2017年1月はじまりの「ほぼ日手帖2017」が全79種類のラインアップで発売
  • 2017年1月はじまりの「ほぼ日手帖2017」が全79種類のラインアップで発売
  • 2017年1月はじまりの「ほぼ日手帖2017」が全79種類のラインアップで発売
  • 2017年1月はじまりの「ほぼ日手帖2017」が全79種類のラインアップで発売
2017年1月はじまりの「ほぼ日手帳 2017」が9月1日、全79種類のラインアップで発売される。

2016年版では過去最高となる61万部を販売し、ロフトの手帳売上ランキングでは12年連続1位に輝いた「ほぼ日手帳」。国内販売の好調に加え、海外からの注文も年々増加しており、海外への出荷数は2014年版から2016年版の2年で9.7倍となっている。

今年はアートディレクターでアーティストの増田セバスチャンと制作したオリジナル、カズン、weeksサイズの手帳の他、アウトドアブランド・スノーピーク(Snow Peak)による文房具や身の回りのものをひとまとめに収納できるスペースたっぷりのカバー、デザイナー中島トキコによるポッテンバーントーキー(POTTENBURN TOHKII)の特殊なメッシュのファブリックを使った手帳カバーなどが登場。版画家・望月計男の代表作「シロクマ」をモチーフとした絵画を持ち歩くような感覚の手帳や、アートディレクターの平林奈緒美と作った革のカバー、ファッションブランドのニュアンス(niuhans)とコラボレーションしたインディゴブルーの手帳、発売当時のスーパーファミコン版のパッケージをあしらった柄など3種で展開される「MOTHER2」なども販売される。

大人気のミナ ペルホネン(mina perhonen)、カクマ(CACUMA)も装い新たに今年も登場。ミナ ペルホネンからは、「ミナが始まったころからある大切な柄」とデザイナー皆川 明が大事にしているふたつのテキスタイルを用いたカバーが登場。ひとつは2000年の発表以降、洋服やバッグなど様々なアイテムに使われてきた「bird」、もうひとつが手帳カバーとしても過去2度登場したことのある「tambourine」。これに加えてミナ ペルホネンのアトリエで出たあまり布を使って作られる抽選販売の「piece,」が4種で展開される。キギ(KIGI)の渡邉良重がデザインするブランド・カクマからは、一筆書きのようにチェーンステッチでローズ、チューリップ、パンジー、タンポポを描いたカバーが登場する。

ほぼ日手帳2017年ラインアップ発表!ミナ ペルホネンは皆川 明が“大事”にしている2つのテキスタイル

《HEW》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)