おうちでフォニックスを学ぼう、音の出るペンやテキストセット12/20発売

 児童英語教育に取り組むmpi松香フォニックスは、フォニックスBookやガイドブック、音の出るポスターやペンがセットになった英語学習教材「歌でおぼえる おうちでフォニックス」を12月20日に全国の書店やオンライン書店で発売する。価格は11,000円(税別)。

教育・受験 未就学児
歌でおぼえるおうちでフォニックス
  • 歌でおぼえるおうちでフォニックス
  • mpi松香フォニックス
 児童英語教育に取り組むmpi松香フォニックスは、フォニックスBookやガイドブック、音のでるポスターやペンがセットになった英語学習教材「歌でおぼえる おうちでフォニックス」を12月20日に全国の書店やオンライン書店で発売する。価格は11,000円(税別)。

 「歌でおぼえるおうちでフォニックス」は、楽しい歌を聞きながらフォニックスルールを学ぶことができる英語教材。 フォニックスとは、アルファベットの文字と音の関係を学ぶ学習法で、英語圏の子どもたちにも活用されているという。mpiのフォニックスルールは、英語を聞ける・話せる・読める・書けるようになることを目的として開発された。

 セットに含まれる「音のでるペン」は、テキスト「小学生のフォニックス」のイラストや文字にペンをタッチすることで、英語の音声データを読み取るペン型の教材。操作も簡単なので、子どもが好きなときに、ひとりでも楽しく学べるのが特長。自力で英語の読み書きができるようになるための8種類のフォニックスルールを学べる。

 「小学生のフォニックス」にはフォニックスルールの歌が収録されており、歌を繰り返し聞いたり、一緒に歌ったりすることでフォニックスルールを体得できるという。また、フォニックスルールを一定のリズムに載せて唱える「ジングル」も収録。そのほか習熟度をチェックするクイズなど、楽しく学習できる工夫がされている。

 教材には、「音のでるアルファベットポスター」、使い方や学習ポイントを記載した保護者向けガイドブックも付属。英語能力の発達には、英語学習の初期に、自発的にたくさんの英語に触れることが大切だという。

◆「歌でおぼえる おうちでフォニックス」
対象:幼児・小学生~
出版社:mpi松香フォニックス
価格:11,000円(税別)
販売方法:全国の書店、mpiオンライン書店、Amazonなどのオンライン書店など
発売日:2016年12月20日(火)
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)