ミッフィーはなぜシンプルなの?ディック・ブルーナデザイン展4/19スタート

趣味・娯楽 その他

展示会メインビジュアル
  • 展示会メインビジュアル
  • 「ブラック・ベア」シリーズ ポスター 1968年
  • 『なんてこったい』原画 ペーパーバック 制作年不明
  • 『遠くから来た男』 ペーパーバック 1958年
  • 『雪の中の六人のシャドー』 ペーパーバック 1969年
  • 『こいぬのくんくん』より 絵本 1969年
  • 『わたしのくにのどうぶつ』より 絵本 1972年
  • 『ボリスのやまのぼり』より 絵本 1989年
東京・銀座の松屋銀座8階のイベントスクエアにて、4月19日から5月8日まで、オランダ人絵本作家であるディック・ブルーナのデザインの軌跡をたどる「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展」が開催される。

ディック・ブルーナは、絵本「ミッフィー(うさこちゃん)」シリーズで有名な絵本作家で、グラフィックデザイナーとしての顔も持ち合わせており、ペーパーバックシリーズである「ブラック・ベア」の表紙やポスターといった数々の名作を世に残してきた。

これらの作品の共通点であるシンプルさにフォーカスし、同展では200冊を超えるペーパーバッグや、約40点のデザイン原画、スケッチの他、ミッフィーやボリスといった絵本原画約30点、ポスターの複製などを加えた約500点を展示される。

また、シンプルをキーワードに「シンプルの明日」というテーマで日本のデザイン界で活躍するKIGI、groovisions、中村至男、ミントデザインズら4組が、ブルーナの作品からインスピレーションを受けた新作を発表する。

【展覧会情報】
「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展」
会期:4月19日~5月8日
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
住所:東京都中央区銀座3-6-1
時間:10:00~20:00(入場は閉場の30分前まで、最終日は17:00まで)
会期中無休
入場料:一般800円(600円)、高校生600円(500円)、小中生400円(300円)、未就学児無料
※( )内は前売り料金

ディック・ブルーナのデザイン展が開催、ミッフィーがシンプルな理由とは?

《HEW》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)