フランスでOKサインはNG…外国でやってはいけないハンドサイン

趣味・娯楽 その他

外国でやってはいけないハンドサインたち
  • 外国でやってはいけないハンドサインたち
  • トリップアドバイザーが制作したインフォグラフィックス。オリジナルTシャツも制作された
 旅行口コミサイトのトリップアドバイザーは24日、旅行に関する様々な情報をグラフィックにして公開する「トリップグラフィックス」で、「外国でやってはいけないハンドサイン」を公開した。

 これは、外国でタブーとされている様々なハンドサインをまとめたもので、例えば万国共通とも思えるピースサインについても、ギリシャではかつて犯罪者に2本指で物を投げたことから、侮辱の仕草とされているという。

 また、親指と人差し指で円をつくるOKサインも、フランスでは数字の“ゼロ”を表し、人に向ければ“役に立たないもの”を表す侮辱の仕草に。小指を立てて「お前のカノジョ、可愛いな」などと言うのも、中国などでは、一番小さい小指は“最も小さい、できの悪い人”を表すサインで、褒めたつもりがかえって失礼になってしまうとのことだ。

 このように、日本で何気なくやっているハンドサインでも、一歩外国に出ればタブーとされているものが多いことが分かる。訪問先の人たちを不快にさせることなく、また自身も安全な旅を楽しめるよう、基本的なタブーを知っておくのもいいかもしれない。

 さらに、トリップアドバイザーでは今回、これらやってはいけないハンドサインをプリントした「旅先で絶対に着てはいけないTシャツ」を制作。旅行サイトが作る、旅先で絶対に着れないTシャツ。これほどレアなTシャツも中々ないだろう。トリップアドバイザーでは、同サイトのメールマガジンに新規登録した人の中から抽選で100名にこのTシャツをプレゼントするとしている。応募期間は6月30日まで。

ピースサインが人を侮辱!? 「外国で“やってはいけない”ハンドサイン」……トリップアドバイザー

《白石 雄太@RBB TODAY》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)