【春休み2017】ツインリンクもてぎ「迷宮森殿 ITADAKI」OPEN、森の生態系がテーマ

趣味・娯楽 その他

ツインリンク迷宮森殿
  • ツインリンク迷宮森殿
  • ツインリンク迷宮森殿
  • ツインリンク迷宮森殿
  • ツインリンク迷宮森殿
  • ツインリンク迷宮森殿
  • ツインリンク迷宮森殿
  • ツインリンク迷宮森殿
  • ツインリンク迷宮森殿
栃木県茂木町のツインリンクもてぎで3月13日、新アトラクション『迷宮森殿 ITADAKI(めいきゅうしんでん いただき)』とキャンプ場内の新サイト『グランピング・ワイド』などのメディア視察会が行われた。今年8月で開業20周年を迎えるにあたり3月18日から両施設のオープンの他、春休みに向けてさまざまなイベントを企画する。新オープンする迷宮神殿とは・・・?迷宮森殿 ITADAKIは、森の生態系をテーマに5階層で作られた立体迷路だ。1階の「地中・土壌生物」に始まり、2階~5階で「植物・地表の生き物」「昆虫・小動物」「肉食動物」「猛禽類」と生態系ピラミッドの食物連鎖を表現。迷路内では子どもたちを待ち構えるリアルな生き物たちのオブジェ、一本橋やバランスボールなど12カ所のアスレチックが用意され、スタンプラリーも14カ所設定されている。子どもも楽しめるアトラクションが多数小さな生き物になった気分を味わいながらゴールにたどり着けば、最後は高さ13mの5階から地上までスライダーでひと滑り。3歳以上、600円(1名・パスポート利用可)で楽しめる。所要時間は約30分。◆人気の「森と星空のキャンプヴィレッジ」にも新エリアが登場
「森と星空のキャンプヴィレッジ」内に新設されるグランピング・ワイドは、既存のグランピングサイトの約2倍の広さがあるワイドタイプの4サイトだ。1サイトの定員もこれまでの4名から最大大人6名まで増え、より多人数でキャンプを体験することが可能になった。新設のグランピング・ワイドスペース(1区画)は20m×10m。「らくらくBBQプラン」を利用すればスタッフが食材の用意や火起こしを行うため、アウトドア初心者でも家族で楽しめる。グランピングテントの他にハンモックや切り株チェアー、冷蔵庫、Wi-Fiも使用できるのが嬉しい。らくらくBBQプランは土曜日5名利用で5万6800円(朝夕食事付き、大人2名+子ども2名+幼児1名の場合)。中央エントランス横には栃木の人気ジェラート店とコラボレーションしたジェラテリア『ROCCO(ロッコ)』も開店。ジェラートマエストロコンテンストで全国3位を獲得した実力店ジェラート マスモのツインリンクもてぎ限定フレーバーとなる「ウリンボチョコレート」、黒田養蜂園のプレミアムジェラート「ハニー抹茶ミルク」などを販売する。◆春休みには様々なキャンペーンも展開また、ツインリンクもてぎでは18日~4月9日にかけて春休みイベントとして『春のいただきまつり』を実施し、森のジェラテリア「ROCCO」横に期間限定の「森のふくろうルーム」をオープン。日替わりでタカとフクロウが登場する(混雑時は入場を制限する場合あり)。その他にも、冒険プログラム『森の指令アドベンチャー』が『どんぐりの森 冒険指令書』へリニューアルし、ウリンボ迷路も一新。樹冠タワーでの森林浴や、森のバードショー、BBQ芸人・たけだバーベキュー氏によるBBQ教室なども行われる。さらにホテルツインリンク内にある『森のレストラン MARCHERANT(マルシェラント)』では地元食材をふんだんに使用した春限定メニューが登場。国内外のクルマを約300台を集めた『ホンダコレクションホール』でも開業20周年特別記念展示することで盛り上げていく。ツインリンクもてぎ総支配人の市川一史氏は、「都会にはない、ツインリンクもてぎだからこそできるコンテンツに期待してほしい」と自信をうかがわせた。

ツインリンクもてぎに新アトラクション「迷宮森殿 ITADAKI」がオープン!人気のグランピングもリニューアル

《五味渕 秀行@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)