【春休み2017】キッズテーマパーク「LEGOLAND Japan」4/1オープン

趣味・娯楽 未就学児

オープニング
  • オープニング
  • オープニングセレモニー
  • レゴランドジャパン
  • レゴランドジャパン
  • パーク内
 LEGOLAND Japanは、屋外型キッズテーマパーク「LEGOLAND Japan」を4月1日にオープンした。おもな対象は、2歳~12歳までの子どもを持つ家族。1DAYパスポートは、大人が6,900円(税込)、12歳以下の子どもは5,300円(税込)2歳以下は無料となっている。

 「LEGOLAND Japan」は、1,700万個のレゴブロックと、10,000のレゴモデルを使用した体験型のキッズテーマパーク。Factory(ファクトリー)・Bricktopia(ブリックトピア)・Adventure(アドベンチャー)・Knight's Kingdom(ナイト・キングダム)・Pirate Shores(パイレーツ・ショア)・Miniland(ミニランド)・LEGO City(レゴ・シティ)のテーマの異なる7つのエリアで構成されている。

 ファクトリーエリアでは「ファクトリー・ツアー」を開催。どのようにレゴブロックが作られるのかを見学後、できたてのレゴブロックを土産として持ち帰ることができる。レゴブロックの世界観をテーマにしたインタラクティブな冒険型アトラクション、参加型のショー、シアター、飲食施設、ショップなど、1日を通して楽しめる施設だという。

 「LEGOLAND」は、世界7か国で展開され、名古屋市金城ふ頭にオープンした「LEGOLAND Japan」は日本初上陸で8か所目。4月1日のグランドオープンセレモニーでは、ダンサーとLEGOLAND Japanのキャラクターたちによるパフォーマンスも行われた。

 パークチケットは、1年を通して楽しめる「年間パスポート」と、「1DAYパスポート」の2種類のチケットがある。

◆LEGOLAND Japan
場所:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2-1
交通:名古屋駅からあおなみ線「金城ふ頭駅」下車
営業時間:10:00~17:00、10:00~18:00、10:00~19:00
※日によって異なるため、詳細はWebサイト「営業時間・スケジュール」で確認すること
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)