船内の一般公開も実施「東京みなと祭」晴海5/27・28

趣味・娯楽 小学生

第69回東京みなと祭
  • 第69回東京みなと祭
  • 会場案内
 東京みなと祭協議会は5月27日・28日、晴海客船ターミナルと周辺で「第69東京みなと祭」を開催する。珍しい船の一般公開など、東京港の役割がわかるイベントが多数行われる。入場無料。

 東京港は、昭和16年5月20日に国際貿易港として開港。「東京みなと祭」は、毎年5月20日前後に開港記念日を祝して行われている。

 当日は、東京港の航路の安全のためしゅんせつ作業を行う「海竜」や、海上で実習や研究を行う「海鷹丸」、海底の地形を調査する「拓洋」、違法な操業を行う漁船の指導・取締りをする「照洋丸」、海上自衛隊の護衛艦「いかづち」(予定)の5隻が展示され、普段は見学できない船内の一般公開を実施する。なお、「海鷹丸」「拓洋」「照洋丸」は27日のみ公開、「海竜」「いかづち」は27日・28日の両日公開となる。また、28日には東京消防庁の大型化学消防艇「みやこどり」の一般公開も行われる。

 そのほか、消防艇や消防ヘリコプターによる「水の消防ページェント」(28日のみ)や、冷凍コンテナ体験、自衛隊の車両展示や南極の氷体験などのイベントを実施。ポートステージでは、「プリキュアアラモード」キャラクターショーや、東京税関、東京消防庁音楽隊による演奏などが予定されている。

◆第69回東京みなと祭
日時:2017年5月27日(土)・28日(日)10:00~17:00
場所:晴海客船ターミナルとその周辺
入場料:無料(一部有料アトラクションを除く)
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)