都教委「理数研究校」桜修館・西など24校指定

教育・受験 高校生

 東京都教育委員会は5月1日、科学技術高校や桜修館中等教育学校など24校の「理数研究校」一覧をWebサイトに掲載した。指定期間は平成29年4月1日から平成30年3月31日まで。理数に興味を持つ生徒の裾野を広げるとともに、都立高校における特色ある教育活動を支援する。

 指定された都立高24校は、葛飾野高校、六本木高校、竹早高校、つばさ総合高校、科学技術高校、八丈高校、小笠原高校、西高校、調布北高校、目黒高校、新宿高校、世田谷総合高校、桜修館中等教育学校、駒場高校、北園高校、農芸高校、豊島高校、町田高校、成瀬高校、立川高校、府中東高校、武蔵高校、小金井北高校、多摩科学技術高校。

 理数研究校は、専門知識を有する大学(院)生などからの指導・助言や理数教育に関する先進校などとの交流により、理数に興味のある生徒の能力を伸長するほか、科学的に探求する能力や態度を育成するための特色ある教育活動を実施する。各種科学コンテストなどへの参加にも取り組み、科学の祭典の研究発表会や科学の甲子園東京都大会へも出場する予定。

 なお、指定校のうち科学技術高校と多摩科学技術高校は、未来を担う科学技術系人材を育てることをねらいとした文部科学省の「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」の指定校でもある。理数研究校においては、アドバイザー的な役割を担うという。

 都教育委員会では理数研究校のほか、理数アカデミー校や医学部進学を目指す「チーム・メディカル」、学力向上研究校などの指定を行っている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)