難関私大合格者を増やした高校(九州・沖縄編)ランキング、福岡がTop10独占

教育・受験 高校生

 大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は6月29日、この10年で難関私立大合格者数が伸びた高校ランキング(九州・沖縄編)を発表した。修猷館が1位となり、上位10校を福岡の高校が独占した。

 この10年で難関私立大合格者数が伸びた高校ランキングは、2007年と2017年を比べ、早慶上理(早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学)、MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)、同志社大学、立命館大学、関西大学、近畿大学、南山大学、西南学院大学の計15大学の合格者が伸びた学校を地域別にランキング化した。今回は九州・沖縄編。なお、関西学院大学は2017年が実合格者数のみ公表しており、延べ合格者数だった2007年と比較ができないため、対象に含まれていない。

 九州・沖縄編は、1位「修猷館」177人増、2位「筑陽学園」152人増、3位「九産大付九産」149人増、4位「筑紫丘」144人増、5位「福翔」132人増。福岡の高校が上位10校を占めた。

 しかし、早慶だけに絞ると合格者数を減らしている高校が多く、1位の修猷館は12人減、4位の筑紫丘は16人減、6位の香住丘は15人減、10位の城南は3人減だった。早慶は合格者に占める1都3県(東京・埼玉・千葉・神奈川)の出身者の割合が7割を超える一方、地方からの合格者が減少しているという。

 ランキングは、今週の無料記事として大学通信が運営する「キャンパスナビネットワーク」に掲載されている。携帯サイト「教育進学総合研究所」に会員登録(月額324円)すれば、すべての記事を閲覧できる。

◆この10年で難関私立大合格者数が伸びた高校ランキング(九州・沖縄編)
1位「修猷館」177人増
2位「筑陽学園」152人増
3位「九産大付九産」149人増
4位「筑紫丘」144人増
5位「福翔」132人増
6位「香住丘」113人増
7位「春日」110人増
8位「柏陵」109人増
9位「筑紫中央」91人増
10位「城南」86人増
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)