高校日本代表「U-18ベースボールワールドカップ」日本戦全試合・決勝を中継

趣味・娯楽 高校生

侍ジャパン高校日本代表「U-18ベースボールワールドカップ」をJ SPORTSが放送
  • 侍ジャパン高校日本代表「U-18ベースボールワールドカップ」をJ SPORTSが放送
  • 侍ジャパン高校日本代表「U-18ベースボールワールドカップ」をJ SPORTSが放送
  • 侍ジャパン高校日本代表「U-18ベースボールワールドカップ」をJ SPORTSが放送
  • 侍ジャパン高校日本代表「U-18ベースボールワールドカップ」をJ SPORTSが放送
ジェイ・スポーツは、侍ジャパン高校日本代表が出場する「2017 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」の日本戦全試合と決勝を生中継中心に9月1日(金)より放送する。

「WBSC U-18ベースボールワールドカップ」は、16歳から18歳で構成された各国の代表チームが集結し、野球世界一を決める大会だ。今大会は、カナダのサンダーベイで9月1日(金)から11日(月)まで開催される。出場国は、開催地枠での出場となるカナダを含め、各地区予選を勝ち上がってきた計12の国と地域。

1次ラウンドは、グループA(カナダ、韓国、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、イタリア、ニカラグア)、グループB(日本、アメリカ、キューバ、メキシコ、オランダ、南アフリカ)に分かれ、グループ内総当たりで戦う。スーパーラウンドへは、各上位3位チームが進出する。

日本代表チームは、20名すべて甲子園出場経験者。主将を務める早稲田実業高の清宮幸太郎、履正社高の安田尚憲、広陵高の中村奨成とU-18史上最強のクリーンアップ、花咲徳栄高の清水達也、大阪桐蔭高の徳山壮磨ら多様な球種を操る投手陣が揃っている。

J SPORTSでは、オープニングラウンドの日本戦全試合と決勝を生中継中心に放送。9月3日(日)~5日(火)は、スカパー!とスカパー!プレミアムサービス加入者に対アメリカ・キューバ・オランダ・南アフリカ戦の4試合を無料開放する。J SPORTSオンデマンドでは、J SPORTS IDの登録なしで無料視聴が可能だ。10月23日(月)には、「結束!侍ジャパン#29」を放送する。

侍ジャパン高校日本代表「U-18ベースボールワールドカップ」をJ SPORTSが放送

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)