テーマは「空力ボディ」科博×トヨタの科学体験・工作教室10/29

教育イベント 小学生

 国立科学博物館とトヨタ自動車は10月29日、「科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー」を開催する。小学校4~6年生を対象とした科学体験・工作教室で、2017年は「空力ボディ」をテーマに、トヨタ技術会の先生が丁寧に解説してくれる。参加費は無料。

 「科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー」は、トヨタが青少年の理科離れ問題へのアプローチとして、1996年より毎年実施。社内エンジニアを中心に組織されるトヨタ技術会の有志メンバーが講師となり、日本全国の科学館・博物館やトヨタ関連施設で参加無料のレクチャーを行っている。これまでの21年間で428回のレクチャーを開催し、のべ32,000人にのぼる子どもたちが参加しているという。

 国立科学博物館で開催される今回は、「空力ボディ」がテーマ。当日は、ミニ風洞実験装置を使ってクルマの形と空気の流れを体験する。またクルマのボディの模型を工作して、空気抵抗の少なさを比べるコンテストを行い、どうすれば空気抵抗を減らせるか、試行錯誤しながら工夫する楽しさを体験できる。また、完成品は持ち帰り可能となっている。

 申込みは、国立科学博物館Webサイトのイベントカレンダーから申し込む。締切りは10月4日午前11時、抽選を実施し、当選者のみ10月10日までに結果が通知される。

◆科学のびっくり箱!なぜなにレクチャー
日時:2017年10月29日(日)10:00~12:00/13:00~15:00
会場:国立科学博物館・日本館2階講堂
対象:小学校4~6年生
参加費:無料 ※付添いの保護者は入館料が必要
(一般・大学生620円、高校生以下および65歳以上は無料)
定員:各回30名
申込方法:国立科学博物館Webサイトから申し込む
締切り:2017年10月4日(水)11:00 ※抽選実施、結果は当選者のみ10月10日(火)までに通知される
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)