京王電鉄、高尾線50周年…記念切符発売&スタンプラリー

生活・健康 その他

記念切符と専用台紙のイメージ。10月1日に先行販売が行われる。
  • 記念切符と専用台紙のイメージ。10月1日に先行販売が行われる。
  • 記念切符専用台紙のイメージ。10月2日からは通常販売になる。
京王電鉄は高尾線(東京都八王子市)の開業50周年にあわせ、記念切符を発売する。50周年記念のスタンプラリーなども行われる。

高尾線は、北野~高尾山口間(東京都八王子市)8.6kmを結ぶ鉄道路線。戦前の1931年3月、北野~山田~御陵前(後の多摩御陵前)間が御陵線として開業し、当初は多摩御陵へのアクセス路線だった。

戦時中の1945年1月に休止となったが、戦後は高尾山へのアクセス路線が計画され、整備区間のうち北野~山田間は御陵線の線路跡地を活用。1967年10月1日に高尾線として開業した。

記念切符「高尾線開通50周年記念乗車券」は10月1日、高尾山口駅前の特設売場で先行販売を実施。翌2日からは北野駅や山田駅などで通常販売が行われる。発売額は1セット1000円。片道乗車券6枚と往復乗車券1枚をセットにしたもので、御陵線が営業していた頃の「京王沿線名所図絵」などをあしらった専用台紙が付く。

スタンプラリーは9月30日から11月26日まで開催。高尾線全7駅のスタンプを集めると記念品がプレゼントされる。このほか、高尾線50周年記念のパネル展示が9月23日から10月9日まで高尾599ミュージアム(高尾山口駅から徒歩約4分)で行われる予定だ。

京王電鉄、高尾線50周年で記念切符やスタンプラリー

《草町義和@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)