【高校受験2018】都内私立高入試要項まとめ、全日制募集人員51人増

教育・受験 中学生

 東京都は10月5日、都内私立高等学校の平成30年度(2018年度)入学者選抜実施要項を取りまとめ公表した。全日制課程の生徒募集校は183校、募集人員の合計は38,061人となり、前年度より51人増加した。

 平成30年度に生徒を募集する都内私立高は、全日制課程232の活動校のうち183校、定時制課程4校、通信制課程8校。募集人員の合計は、全日制課程38,061人、定時制課程446人、通信制課程9,577人。

 全日制課程における募集状況の内訳では、平成29年度と比べ女子校が1校減少、男女校が1校増加し、全体で51人の募集人員増加となった。

 生徒非募集校は、男子校は麻布、早稲田、武蔵、海城、駒場東邦、攻玉社など11校。女子校は女子学院、雙葉、桜蔭など34校、男女校は三田国際学園、渋谷教育学園渋谷、穎明館の3校。募集停止校は東京学園の1校。

 推薦入試は、全日制課程の92.3%にあたる169校で実施され、募集人員は16,477人と全体の43.3%を占める。帰国生募集校は早稲田大学高等学院、青山学院高等部、国際基督教大学など58校で、およそ433人募集する。

 今後の入試日程は東京私立中学高等学校協会により、推薦入試では願書受付開始が平成30年1月15日以降入学者選抜期日は1月22日以降に定められている。一般入試では願書受付開始が1月25日以降入学者選抜期日が2月10日以降。東京都Webサイトでは、都内私立高等学校の入学者選抜実施要項の一覧を確認できる。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)