ディズニー/ピクサー「リメンバー・ミー」“死者の国”の場面写真が初公開

趣味・娯楽 その他

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • (C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
ディズニー/ピクサーが贈る最新作『リメンバー・ミー』(2018年3月16日公開)より、物語の舞台となる“死者の国”の場面写真が初公開。カラフルで美しい街並みを背景に、ギターを弾く主人公・ミゲルとその隣で微笑むガイコツ・ヘクターの姿が映し出されている。

『リメンバー・ミー』は、“死者の国”から帰らないと体が消えて家族に会えなくなってしまうミゲルと、忘れられると生きている家族と永遠に会えなくなるというヘクターの冒険を描く作品。家族に会いたいのに会えない2人が、「リメンバー・ミー」という曲をカギにしてミゲルが元の世界に戻る方法を探していく。

新たに公開された場面写真では、ギターを楽しそうに弾くミゲルの横で優しく微笑むヘクターの姿が描かれた。ヘクターは未だ謎に包まれているキャラクターだが、「家族に忘れられ、消えてしまう」というミゲルと共通の危機に立たされながらも、音楽を通して絆を深め合っていく様子がうかがえる。また、ケーブルカーの下に広がるカラフルで美しい“死者の国”の街並みにも注目したい。

ピクサー・スタジオでプロダクション・デザイナーを務めるハーレイ・ジェサップは、この風景について「私たちは5年以上前から製作に関わりはじめ、メキシコにリサーチ旅行に行きましたが、特に“死者の国”の大きなインスピーションとなったのは、メキシコのグアナファトの街でした」と明かし、「幾層にも重なった鮮やかな色合い都市で、狭い階段や橋がたくさんあり、急な坂道で上方向に伸びるように街が設計されていました。その幾層にも重なった感覚を取り入れました」と語る。

さらに「その層は歴史が折り重なっています」とした上で、「下のほうは古代の構造物で、上に移動するごとに歴史が進んでいきます」と言葉を続けた。今を生きている家族だけでなく、会ったことがなくても血のつながっている先祖の存在も取り入れ、「家族を忘れない、家族を想う」気持ちを描き出したビジュアルだ。ディズニー/ピクサーの新バディが“死者の国”で繰り広げる冒険にますます期待が膨らんでいく。

『リメンバー・ミー』
2018年3月16日(金)公開
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」 カラフルな“死者の国”の場面写真公開

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)