家族でナットク、東大のリケジョ対象「理系最前線シンポジウム2017」11/18

教育イベント 中学生

 東京大学男女共同参画室は11月18日、女子中高生を対象に「家族でナットク!理系最前線シンポジウム2017」を東京大学農学部フードサイエンス棟 中島薫一郎記念ホールで開催する。参加費は無料、定員は80名、申込みは先着順に受け付ける。

 「家族でナットク!理系最前線シンポジウム2017」では、社会で活躍している先輩リケジョの講演や、在学女子学生による大学生活の紹介を予定している。講演終了後の懇談会では、大学生や大学院生、大学教員らに質問もできる。

 基調講演はジョンソン・エンドジョンソン ビジョンケアカンパニー代表取締役プレジデントの海老原育子氏による「Diversity&Incursionと女性の活躍について」、講演は東京大学大学院農学生命科学研究科の朝倉富子特任教授による「おいしさの科学」を行う。

 対象は女子中高生だが、保護者や教員は同行者として1名まで参加できる。いずれも事前申込みが必要。参加に際し、バリアフリー支援を希望される人は、10月18日までに連絡する。

◆家族でナットク!理系最前線シンポジウム2017
日時:2017年11月18日(土)14:00~18:00
会場:東京大学農学部(弥生キャンパス)フードサイエンス棟 中島薫一郎記念ホール
対象:女子中高生(保護者・教員の同行者は1名まで)
定員:80名(先着申込み順)
参加費:無料
申込方法:Webサイトの申込みフォームより申し込む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)