【高校受験2018】福島県立高校、募集定員は前年比590人減…安積黎明ほか40人減

教育・受験 中学生

 福島県教育庁は10月20日、平成30年度(2018年度)の福島県立高等学校生徒募集定員を発表した。全日制の募集定員は前年度比590人減の1万3,940人。相馬農業飯舘校(普通)と福島西(数理科学)は募集を停止する。

 平成30年3月の県内中学校卒業見込み者数は、前年度比864人減の1万7,618人。平成30年度県立高等学校生徒募集定員は、全日制が前年度比590人減の1万3,940人。全日制高校は、現行どおり1クラス40人で編制するが、中山間地域にある小規模校のうち、南会津と只見は35人で編制する。

 募集を停止する学校・学科は、福島西(数理科学)と相馬農業飯舘校(普通)。修明は、経営ビジネス科と情報マネジメント科を廃止し、情報ビジネス科のエリアマネジメントコースと情報マネジメントコースを新設する。また、平工業は、機械・電気・電子・土木科を廃止し、機械工学・電気工学・制御工学・土木環境工学・情報工学科を新設する。

 学級数を減らす学校・学科は、橘(普通)40人減、保原(普通)40人減、安積黎明(普通)40人減、湖南(普通)40人減、須賀川(普通)40人減、会津(普通)40人減、若松商業(会計ビジネス)40人減、西会津(普通)40人減、川口(普通)30人減、磐城(普通)40人減、勿来工業(機械)40人減、相馬(普通)40人減。

 入試日程について、I期選抜は出願期間が平成30年1月18日~1月23日、面接などが2月1日と2日、選抜結果通知が2月6日。II期選抜は出願期間が2月14日~2月19日、出願先変更が2月20日~2月22日、学力検査が3月8日、(一部の学校のみ)面接が3月8日の学力検査終了後または3月9日、合格発表が3月14日正午の予定。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)