初の公設民営中高一貫校「大阪市立水都国際」2/25説明会、IB講演も

 大阪市教育委員会は、全国初の公設民営による中高一貫教育校として平成31年4月に開校する大阪市立水都国際中学校・高等学校の学校説明会を平成30年2月25日に開催する。国際バカロレア教育(IB)についての講演もある。参加無料。定員400名で事前申込制。

教育・受験 小学生
 大阪市教育委員会は、全国初の公設民営による中高一貫教育校として平成31年4月に開校する大阪市立水都国際中学校・高等学校の学校説明会を平成30年2月25日に開催する。国際バカロレア教育(IB)についての講演もある。参加無料。定員400名で事前申込制。

 大阪市立水都国際中学校・高等学校は、全国初の公設民営の手法による中高一貫教育校として平成31年4月、南港ポートタウンに開校を予定している。設置者は大阪市、管理・運営は学校法人大阪YMCAが担う。外国語教育と国際理解教育に重点を置いた教育を行い、国際的な教育プログラムであるIB認定コースの導入も予定している。

 学校説明会は、大阪市立水都国際中学校・高等学校の概要やIB教育について、広く市民に理解してもらおうと企画。第1部では、IB教育の国内第一人者として知られ、これまで多くのIB校の校長などを歴任してきた大迫弘和氏(武蔵野大学教育学部教授、都留文科大学特任教授)が「覚える教育から考える教育へ~今、なぜ国際バカロレアなのか~」と題して講演する。

 第2部では、大阪市立水都国際中学校・高等学校の学校説明会として、学校の理念や学校像、教育活動の概要などについて紹介する。なお、入学者選抜制度や進路指導、制服、部活動などについての詳細は、平成30年6月以降に公表予定だという。

 会場は、大阪市教育センター。時間は午後1時半から午後3時半まで。対象は、保護者、児童生徒、教育関係者など。参加無料。定員は400名。参加希望者は、2月7日までに往復はがきで申し込む。1枚のはがきで3名までの申込みが可能。定員を超えた場合は抽選となる。

◆国際バカロレア教育についての講演会と大阪市立水都国際中学校・高等学校説明会
日時:平成30年2月25日(日)13:30~15:30(受付13:00~)
会場:大阪市教育センター2階講堂(大阪市港区弁天1-1-6)
対象:保護者、児童生徒、教育関係者など
参加費:無料
定員:400名
申込方法:往復はがきに必要事項を記入し、大阪市教育委員会事務局 総務部 教育政策課 公設民営学校グループ宛てに郵送
※1枚のはがきで3名まで申込可
※定員を超えた場合は抽選
締切り:平成30年2月7日(水)必着
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)