足湯付き新幹線「とれいゆ」仙台発で運行5/12

趣味・娯楽 その他

仙台~山形間の往路のみで乗車する「とれいゆ」(左)。車内の「足湯」(右)は50人限定で利用できる。
  • 仙台~山形間の往路のみで乗車する「とれいゆ」(左)。車内の「足湯」(右)は50人限定で利用できる。
JR東日本仙台支社は5月12日、山形新幹線で運行している観光列車「とれいゆ」を、初めて仙台発で運行する。

「とれいゆ」は、元秋田新幹線用E3系新幹線電車をお座敷風に改造した6両編成のE3系700番台で、2014年7月から運行を開始した新幹線初の観光列車。

山形・新庄方の先頭車は「くつろぎの間」と呼ばれる足湯になっており、通常は土休日を中心に山形新幹線区間の福島~新庄間で運行されているが、今回は「ジャパニーズSAKE列車 山形美酒の旅」と題したツアー列車として、仙台から福島経由で山形まで運行されることになった。

このツアーは山形までの往路で「とれいゆ」に乗車する。時刻は仙台13時18分発~山形15時40分着。復路は仙山線の普通列車で仙台に戻る。

120人を募集し、旅行代金は1万800円。申込みは、びゅう予約センターまたは宮城・福島・山形各県内のおもなJR東日本の駅にあるびゅうプラザ。

足湯付き新幹線を初めて仙台発で運行…山形新幹線の「とれいゆ」 5月12日

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)