「小学館の図鑑NEOPad乗りもの+くらべる編」7/12発売

 タカラトミーは、カメラ付きの図鑑タブレット「小学館の図鑑NEOPad 乗りもの+くらべる編」を、2018年7月12から、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などより発売する。

教育・受験 未就学児
「小学館の図鑑NEOPad乗りもの+くらべる編」
  • 「小学館の図鑑NEOPad乗りもの+くらべる編」
  • 「小学館の図鑑NEOPad乗りもの+くらべる編」
  • アフリカゾウと大型路線バスはどちらが重いのかをアニメーションで比較
  • 図鑑ページのカメラの画像をクリックして、乗りもののページに登録
  • 図鑑ページのカメラの画像をクリックして、乗りもののページに登録
  • 「パズルあそび」
 タカラトミーは、カメラ付きの図鑑タブレット「小学館の図鑑NEOPad 乗りもの+くらべる編」を、2018年7月12から、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などより発売する。

 「小学館の図鑑NEOPad 乗りもの+くらべる編」は、シリーズ累計発行部数859万部を記録する「小学館の図鑑NEO」のコンテンツをセレクトした図鑑タブレット「小学館の図鑑NEOPad」シリーズ第2弾として企画開発したもの。搭載されたカメラで撮った画像を図鑑上のページに登録でき、自分のオリジナルの図鑑が作れる機能が特長だ。

 その特長を引き継ぎながら、要望の多かった図鑑NEO「乗りもの」から400種類の乗りものと、「くらべる図鑑」「もっとくらべる図鑑」から約180種類のコンテンツをセレクトしている。「くらべる図鑑」シリーズをデジタルコンテンツ化し、タブレットならではのアニメーションで動く「くらべる図鑑」として楽しめることを目指したとしている。また、「トミカ」や「プラレール」など乗りものにちなんだゲームや、ひらがなを学習できるゲームなど100種類を収録。「ペンでタッチ」「傾ける」「カメラを使う」など、さまざまなアクションで遊ぶことができる。

 対象年齢は1.5歳から。価格は15,000円(税別)。全国の玩具専門店、百貨店・量販店などの玩具売り場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などにて2018年7月12日より発売する。

◆「小学館の図鑑NEOPad 乗りもの+くらべる編」
価格:15,000円(税別)
発売日:2018年7月12日(木)
対象年齢:1.5歳以上
商品内容:本体、タッチペン、取扱説明書
※耳の不自由な子どもも一緒に楽しめる「うさぎマーク」の共遊玩具に認定されている
《田口さとみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)