「ぬれ手であわ」どんな状況?意味を写真で解説…学研プラス

教育・受験 小学生

 「ぬれ手であわ」「たがが緩む」「青菜に塩」―よく考えてみると、少し不思議な「ことわざ」。子どもに伝える際は、「たが」とは何か、ぬれた手と「あわ」とはどういう状況なのかをひもといて説明する必要がある。

 ことわざや故事成語などの由来に関する疑問に答えるべく、学研プラスは2018年7月6日、幼児から小学生向けの辞典「新レインボー 写真でわかる はじめてことわざ・四字熟語辞典(オールカラー)」を発売した。写真を用いて、ことわざ、四字熟語、慣用句、故事成語を解説する。1冊1,700円。

 たとえば、「ぬれ手であわ」を写真で説明したページでは、ぬらした手に穀物の「粟(あわ)」がくっつくようすを再現。手にあわがたくさんついているようすから、「苦労しないで多くを手に入れる」という意味を理解できるよう工夫している。

 「ごまをする」「猫の目のように変わる」「焼け石に水」など、説明が難しいことばも、写真ならひと目で理解できそうだ。学研プラスは、はじめて学ぶ子どもはもちろん、楽しく学びたい大人にもお勧めだとしている。

 Amazon、楽天ブックス、セブンネットなどのほか、学研出版サイトで取り扱う。

◆新レインボー 写真でわかる はじめてことわざ・四字熟語辞典(オールカラー)
発売日:2018年7月6日(金)
発行所:学研プラス
編:学研辞典編集部
定価:本体1,700円(税別)
判型:A5/240ページ
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)