【高校野球2018夏】金足農-大阪桐蔭、学校・学科の特徴を紹介…決勝14時から

 2018年8月21日午後2時、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で第100回全国高等学校野球選手権記念大会の決勝戦、「金足農」対「大阪桐蔭」が行われる。試合開始時刻は午後2時。2校の特徴を紹介する。

教育・受験 高校生
2018年8月21日(火)午後2時 決勝戦 第100回全国高校野球選手権 地方大会(画像はイメージ)
  • 2018年8月21日(火)午後2時 決勝戦 第100回全国高校野球選手権 地方大会(画像はイメージ)
  • 秋田県立金足農業高等学校
  • 大阪桐蔭中学校高等学校
 2018年8月21日午後2時、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で第100回全国高等学校野球選手権記念大会の決勝戦が行われる。決勝戦の対戦校は、秋田代表の「金足農業高校」と、北大阪代表の「大阪桐蔭高校」。深紅の大優勝旗はどちらの手に渡るのか。

 決勝戦のようすは、朝日新聞と朝日放送テレビの無料情報サービス「バーチャル高校野球」で視聴できる。パソコンだけでなく、スマートフォンでも視聴可能。利用を希望する場合は、スポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」のWebサイトおよびアプリにて視聴すること。

 決勝戦目前となったことから、改めて対戦校の特徴を振り返ってみる。

秋田県立金足農業高等学校(かなあしのうぎょう)



秋田県立金足農業高等学校
秋田県立金足農業高等学校

 昭和3年(1928年)、秋田県中央地区の産業教育、おもに農業を担う高校として創立され、第100回大会の開催される2018年(平成30年)で創立90周年を迎える。愛称は「金農」。夏の甲子園への出場は今回が6回目。バーチャル高校野球によると、「雑草軍団」の異名で知られているチームだ。

 2019年度(平成31年度)受験生向けの学校パンフレットによると、学科は「生物資源科(B組)」「環境土木科(E組)」「食品流通科(F組)」「造園緑地科(L組)」「生物科学科(H組)」の5学科が設けられている。全国で農業を学習する生徒によって組織される「農業クラブ」には全生徒が加盟しており、同校における活動として校内農業鑑定協議会や農業物産直販会が紹介されている。部活動は、野球部、ラグビー部、男女バレー部、男女バスケ部、ウエイトリフティング部、応援団、吹奏楽部、美術イラスト部など。2018年9月21日には中学生体験入学会も実施予定。参加を希望する場合は、8月30日までに申し込むこと。

 学校Webサイトは2018年8月20日、Webサイトトップページで「甲子園初の決勝進出!!」とする発表を掲載。大会会場での応援に協力する兵庫県立有馬高等学校吹奏楽部の生徒に対する感謝や、選手らを応援するすべての者への賛同や支援に対する御礼を掲載している。選手および卒業生を含む学校関係者はもちろん、秋田県や東北全体からの応援も強い。

大阪桐蔭中学校高等学校(おおさかとういん)



大阪桐蔭中学校高等学校
大阪桐蔭中学校高等学校

 大阪府大東市に位置する私立の中高一貫校で、大阪桐蔭高等学校では東京大学や京都大学、国公立大学医学部などの最難関大学・学部への進学を目指す「I類」、難関国公立大学への進学を目指す「II類」、各競技で高い実績を誇る有名大学や国公立大学への進学を目指す「III類(体育・芸術コース)」の3コースが用意されている。学習習慣を身に付ける取組みとして、「早朝テスト」と「終礼テスト」を英語・数学中心に実施するほか、夜の8時まで利用できる「自習室」を用意するなど、学習や進路指導にも力を入れている。

 「I類」と「II類」のクラブには、「剣道部」「サッカー部」「テニス部」「女子チアリーダー部」「ブラスバンド部」「囲碁将棋部」「合唱部」「ロケット研究部」などがある。2019年度(平成31年度)受験生向けの学校パンフレットによると、高校生の7割以上がクラブに参加している。「III類」のクラブは「軟式野球部」「卓球部」「男女バスケットボール部」「男女サッカー部」など。体育系クラブは専用グラウンドや専用練習場を有しており、充実した練習環境で専門性を高められるよう配慮されている。

 史上初となる2度の春夏連覇に挑む強豪校であることから、地方大会や組み合わせ抽選会でも常に注目の的である同校。記録達成への期待が多大なものであるなか、プレッシャーを跳ね除け勝ち上がってきた選手らの姿には「胸打たれる」との声が多い。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)