子ども向けアニメも多数放映、Netflixの12月期配信アニメ

 「Netflix」より12月期のアニメ配信タイトルが発表された。2018年7月期の人気作『はたらく細胞』の新作エピソードや『映画 ドラえもん』全37作、Netflixオリジナルアニメ『HERO MASK』など、平成最後の年末にイッキ見できそうな大型タイトルが盛りだくさんだ。

趣味・娯楽 未就学児
『はたらく細胞 風邪症候群』(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction
  • 『はたらく細胞 風邪症候群』(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction
  • 『映画 ドラえもん』全37作(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017
  • 『HERO MASK』
  • 『劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女』『劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』(C)真島ヒロ・講談社/フェアリーテイル製作委員会・テレビ東京
  • 『いぬやしき』(C)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会
世界最大級のオンラインストリーミングサービス「Netflix」より、12月期のアニメ配信タイトルが発表された。2018年7月期の人気作『はたらく細胞』の新作エピソードや『映画 ドラえもん』全37作、Netflixオリジナルアニメ『HERO MASK』など、平成最後の年末にイッキ見できそうな大型タイトルが盛りだくさんだ。

『はたらく細胞 風邪症候群』の配信は12月28日よりスタート。同じ作業(細胞分裂)を繰り返すだけの毎日に飽き飽きしていた一般細胞を、ステキな帽子をかぶった謎の細胞がいたずらに誘うエピソードとなる。
Netflixでは全13話の本編も配信中なので、見逃しているならこの機会にチェックしておきたい。

『映画 ドラえもん』全37作は12月17日より一挙配信。1980年公開の『のび太の恐竜』から2017年公開の『のび太の南極カチコチ大冒険』まで勢揃いするので、平成最後の師走は家族みんなでシリーズをイッキ見という楽しみ方もあるだろう。

『HERO MASK』は12月3日より、全15話の全世界独占配信が開始される。『NARUTO‐ナルト‐疾風伝』や『東京喰種:re』のスタジオぴえろ制作による完全オリジナルアニメで、謎の「マスク」を巡って多発する凶悪事件に特殊捜査部の刑事が挑むストーリーだ。
監督は『バケモノの子』助監督の青木弘安で、キャラクターデザインは『PSYCHO-PASS-サイコパス-』作画監督の片桐貴悠が担当。音楽は『日清カップヌードル』CMソングの加藤久貴が手掛けているなど、今最も旬な制作陣にも注目したい。

12月期はこのほか、『FAIRY TAIL』から『劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女』と『劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』、『GANTZ』の奥浩哉原作による『いぬやしき』なども新たにラインナップされる。

『はたらく細胞 風邪症候群』
12/28より配信
(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction
『映画 ドラえもん』全37作
12/17より配信
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2017
『HERO MASK』
12/3より全世界独占配信(全15話)
『劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女』
『劇場版 FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』
12/1より配信
(C)真島ヒロ・講談社/フェアリーテイル製作委員会・テレビ東京
『いぬやしき』
12/22より全エピソード配信
(C)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会

平成最後の年末はNetflixで!「はたらく細胞」新エピソードほか12月期配信アニメが発表

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)