長谷川町子美術館にて「エイケン50周年展~アニメサザエさんと共に~」4/20-6/23

 アニメ制作会社・エイケンの創立50周年を記念する展覧会「エイケン50周年展~アニメサザエさんと共に~」の開催が決定した。「サザエさん」の作者・長谷川町子が設立した「長谷川町子美術館」にて、2019年4月20日から6月23日に実施される。

趣味・娯楽 未就学児
アニメ制作会社・エイケンの創立50周年を記念する展覧会「エイケン50周年展~アニメサザエさんと共に~」の開催が決定した。『サザエさん』の作者・長谷川町子が設立した「長谷川町子美術館」にて、4月20日~6月23日に実施される。

エイケンは1963年のテレビアニメーション黎明期に発足した、日本テレビジョン株式会社映画部に起源を持つ。同映画部は『鉄人28号』や『エイトマン』などを制作していたが、1969年に当時の村田英憲部長が分社化し、同年3月10日にTCJ動画センターを設立。その後エイケンに社名変更して現在に至る。
なお会社設立当初よりスタートしギネス記録を持つ『サザエさん』も、エイケンと同じく2019年に放送50周年を迎える。

このたび開催が決定した「エイケン50周年展~アニメサザエさんと共に~」には、『サザエさん』をはじめ、『鉄人28号』、『エイトマン』、『忍風カムイ外伝』、『キャプテン』、『UFO戦士ダイアポロン』、『ガラスの仮面』、『クッキングパパ』、『コボちゃん』、『ぼのぼの』といったエイケン作品が勢揃い。エイケンが50年にわたってアニメーション制作を続けてきた歴史とともに、貴重な制作資料の数々を展示する。


また会場では、エイケン50周年展スペシャルサポーターの『サザエさん』が来場者を案内する予定だ。

「エイケン50周年展~アニメサザエさんと共に~」は4月20日~6月23日の期間、東京都世田谷区の「長谷川町子美術館」にて開催予定。
入館料は一般が600円、大高生が500円、中小生が400円。詳細はエイケン50周年記念特設サイトまで。

「エイケン50周年展~アニメサザエさんと共に~」
期間:2019年4月20日(土)~6月23日(日)
場所:一般財団法人 長谷川町子美術館
開館時間:10時~17時30分(入館は17時まで)
休館日:月曜日(祝日の場合、その翌日)、展示替期間、年末年始
入館料:一般600円/大高生500円/中小生400円
    (20名様以上の団体・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方とその介添えの方 各100円引)

■コピーライト
「エイケン50周年展~アニメサザエさんと共に~」メインビジュアル
(C)小島功・エイケン(C)光プロダクション・エイケン(C)平井和正・桑田二郎/TBS(C)TBS(C)エイケン(C)白土三平(C)エイケン(C)長谷川町子美術館(C)横山隆一・エイケン(C)田河水泡/講談社・エイケン(C)佐藤さとる・村上勉/講談社・エイケン(C)1976 雁屋哲・エイケン(C)フジテレビ・エイケン (C)ちばあきお・エイケン(C)畑正憲・エイケン(C)美内すずえ/エイケン(C)サトウサンペイ・フジテレビ・エイケン(C)村上もとか/小学館・エイケン(C)みつはしちかこ・エイケン(C)アーネストTシートン・エイケン(C)植田まさし/植田プロダクション・エイケン(C)うえやまとち/講談社・エイケン(C)布浦翼/講談社・TBS・ エイケン(C)松竹・TBS・エイケン(C)BSフジ・エイケン(C)TBS・エイケン(C)久里洋二・TBS・エイケン(C)2005 ちばあきお・エイケン/プレイボール製作委員会(C)光プロダクション・フジテレビ・エイケン(C)いがらしみきお/竹書房・フジテレビ・エイケン

「エイケン50周年展~アニメサザエさんと共に~」サブビジュアル
(C)光プロダクション・エイケン (C)平井和正・桑田二郎/TBS (C)白土三平(C)エイケン (C)長谷川町子美術館 (C)1976 雁屋 哲・エイケン (C)ちばあきお・エイケン (C)美内すずえ/エイケン (C)植田まさし/植田プロダクション・エイケン (C)うえやまとち/講談社・エイケン (C)いがらしみきお/竹書房・フジテレビ・エイケン

「サザエさん」制作のエイケンが50周年記念展覧会を開催! 長谷川町子美術館にて4月20日より

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)