箱根登山電車がカフェに…鈴廣かまぼこの里で9/8開店

株式会社鈴廣蒲鉾本店(鈴廣)は9月8日、7月に引退後、箱根登山鉄道から譲渡されたモハ1形モハ107号を活用したカフェをオープンさせる。

趣味・娯楽 小学生
鈴廣蒲鉾本店へ譲渡されたモハ107号。
  • 鈴廣蒲鉾本店へ譲渡されたモハ107号。
  • 8月9日に搬入されたモハ107号。カフェとして営業開始後は車両を眺めながら鈴廣の地ビールやオリジナルブレンドコーヒーを味わえるという。
株式会社鈴廣蒲鉾本店(鈴廣)は9月8日、7月に引退後、箱根登山鉄道から譲渡されたモハ1形モハ107号を活用したカフェをオープンさせる。

モハ107号は、箱根登山鉄道最後の「吊掛け式」と呼ばれる駆動方式を採用した電車・モハ1形103+107編成のうちの1両で、7月8日に譲渡が発表されていた。

鈴廣は神奈川県小田原市で蒲鉾の製造・販売などを行なっている会社で、モハ107号は箱根登山鉄道風祭駅(神奈川県小田原市)に直結する同社運営の「鈴廣かまぼこの里」内で、『えれんなごっそCAFE107』という名のカフェとして活用されることになった。

譲渡に際しては、7月24日にメンテナンス工事を実施。8月5日には譲渡式が開催され、8月9日に強羅駅(神奈川県箱根町)からトレーラーで移送され、搬入された。

なお、モハ107号と編成を組んでいたモハ103号は、埼玉県宮代町の日本工業大学へ譲渡される運びとなっている。

登山電車がカフェに…箱根登山鉄道最後の吊掛け式、蒲鉾店へ譲渡 9月8日オープン

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)