【大学受験】合格可能性がわかる「全国統一高校生テスト」無料招待

 東進は2019年10月27日、高校生らを対象とした模試「全国統一高校生テスト」を実施する。テストは、受験学年部門・高2生部門・高1生部門の3部門。各部門の成績優秀者は11月24日に行われる決勝大会に出場できる。参加無料。

教育イベント 高校生
全国統一高校生テスト
  • 全国統一高校生テスト
  • 東進ドットコム
 東進は2019年10月27日、高校生らを対象とした模試「全国統一高校生テスト」を実施する。テストは、受験学年部門・高2生部門・高1生部門の3部門。各部門の成績優秀者は11月24日に行われる決勝大会に出場できる。参加無料。

 東進が実施する「全国統一高校生テスト」は、学力を測るだけではなく学力を伸ばすための模試。全国1,200以上の会場で実施され、受験することで自分の弱点ややるべき課題が明確になり、学力を伸ばすヒントが得られるという。試験実施後は、東進の講師陣による解説授業を受講できる。

 受験者には試験実施から中5日で、総合評価による合格の可能性と科目・単元・設問の学力分析がわかる最大16ページの詳細な成績帳票が返却される。また、試験実施から中3日で成績表(主要項目)がWeb返却される。

 テストは、高3生対象(高2生・高1生・高0生(高校生レベルの学力を持った中学生)の受験も可能)の「受験学年部門」、高2生対象(高1生・高0生の受験も可能)の「高2生部門」、高1生対象(高0生の受験も可能)の「高1生部門」の3部門で実施。受験学年部門はセンター試験本番レベル(マーク式)、高2生・高1生部門は大学入学共通テストの傾向に完全対応(マーク・記述併用式)となっており、受けたいレベル形式に挑戦できる。実施科目は、受験学年部門が英語・数学・国語・理科・社会の5教科、高2生・高1生部門が英語・数学・国語の3教科。

 各部門の成績優秀者は、11月24日に京王プラザホテル(東京・新宿)で行われる決勝大会に出場できる。受験会場までの往復の交通費および遠方の者の前泊費用は、東進が負担する(生徒本人のみ)。決勝大会成績優秀者には表彰状を授与し、東進ドットコム上で公表する。さらに、決勝大会の成績をもとに候補者を選抜し、人物評価面接で資格に足りると判断された生徒は、「米国大学留学支援制度」の対象者として認定され、最大3,000万円(最大28万ドル、年間最大7万ドル×4年分)の奨学金が給付される。

 参加無料。申込みは、東進のWebサイト「東進ドットコム」にて9月14日より受け付ける。

◆全国統一高校生テスト
日時:2019年10月27日(日)
会場:東進ハイスクール・東進衛星予備校各校舎、特別会場(大学やホールなどの外部会場)、東進公認会場
対象:高3生・高2生・高1生・高0生
参加費:無料
申込期間:2019年9月14日(土)~
申込方法:東進のWebサイト「東進ドットコム」にて申し込む
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)