見て・触れて・体験しながら学ぶ「ヤンマーミュージアム」10/5リニューアル

ヤンマーは、未来の社会を担う子どもたちが、見て・触れて・体験しながら学ぶことができるチャレンジミュージアムとして「ヤンマーミュージアム」を10月5日にリニューアルオープンする。

教育・受験 小学生
見て・触れて・体験しながら学ぶことができる ヤンマーミュージアムがリニューアルオープン
  • 見て・触れて・体験しながら学ぶことができる ヤンマーミュージアムがリニューアルオープン
  • ヤンマーミュージアム
  • 「たがやせ!フィールド」(左)、「リズムエンジン」
  • 左から「サステナブルエナジークライミング」、「キッズエナジーアスレチック」、「ざくざく!パワーショベルチャレンジ」
  • 「マイフィッシュ マイオーシャン」(左)、「ウェイクサーフィンボートレース」
  • 「フットボールチャレンジ」(左)、「ヤンマーテラス」
  • 展示エリアの「HB型エンジン」(左)、ミュージアムショップ
  • 「プレミアムマルシェBIWAKO」、「MYおむすびプレート」の2むすび2さいセット
ヤンマーは、未来の社会を担う子どもたちが、見て・触れて・体験しながら学ぶことができるチャレンジミュージアムとして「ヤンマーミュージアム」を10月5日にリニューアルオープンする。

今回のコンセプトは「やってみよう!わくわく未来チャレンジ」。ヤンマーの創業者が1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功したことから、「自ら動き出す」こと、「あきらめずに工夫する」ことを表現している。

館内は、ヤンマーの事業領域である大地・海・都市をイメージした3つのエリアとその他のコンテンツで構成。本物の建設機械の操作体験や、エンジンの仕組みを楽しみながら学ぶコンテンツなどにチャレンジしてポイントカードで得点を記録し、高得点を目指しチャレンジ精神を育む。

大地をテーマにしたLANDエリアでは、食料生産を体感する「たがやせ!フィールド」やエンジンの動きとリズムに合わせて、体を使ってエンジンの仕組みを学べる「リズムエンジン」などのコンテンツを用意。館内中央にはコンセプトトラクター「YT01」も展示している。

都市をテーマにしたCITYエリアでは、高さ約6mのボルダリングに挑戦して街に光を灯す「サステナブルエナジークライミング」や、小さな子どもでも楽しめる「キッズエナジーアスレチック」、本物の建設機械の操作体験ができる「ざくざく!パワーショベルチャレンジ」を体験できる。

海をテーマにしたSEAエリアでは、人と自然が共生する漁業をテーマにした「マイフィッシュ マイオーシャン」やオリジナルプレジャーボートを操作体験する「ウェイクサーフィンボートレース」を用意。「ウェイクサーフィンボートレース」にはヤン坊マー坊が登場し、ウェイクサーフィンに挑戦する。

そのほか、シュートを打って高得点を狙う「フットボールチャレンジ」や、食やエネルギーなどに関する様々なクイズ・ゲームに挑戦する「チャレンジ+」も用意する。

2階にはヤンマーの歴史を学べる展示エリアがあり、世界初の小型ディーゼルエンジン「HB型」を展示。琵琶湖の自然を再現したビオトープや発電機の廃熱を利用した足湯が楽しめる「ヤンマーテラス」など、ヤンマーの取り組みを体感できるコンテンツも用意する。また、館内に併設するミュージアムショップでは、ヤンマーミュージアムオリジナルのグッズや地元の特産品などを取り扱うほか、滋賀県のお米や地域の産品、ヤンマーオリジナルの食材などが味わえるカフェレストラン「プレミアムマルシェBIWAKO」をオープンする。

入館料は大人600円、小中学生300円、未就学児無料。営業時間は10時から18時。定休日は月曜日(祝日の場合は翌平日)。

ヤンマーミュージアム、10月5日リニューアルオープン 見て・触れて・体験しながら学ぶ

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)