藝大の美術教育展覧会10/13-11/4、授業公開や講義も

 東京藝術大学美術学部は2019年10月13日から11月4日の期間、美術と教育 全国リサーチプロジェクト2019「こんな授業を受けてみたい!」を開催する。幼稚園から大学まで美術教育の流れを体感できる展覧会で、観覧料は無料。

教育イベント 先生
 東京藝術大学美術学部は2019年10月13日から11月4日の期間、美術と教育 全国リサーチプロジェクト2019「こんな授業を受けてみたい!」を開催する。幼稚園から大学まで美術教育の流れを体感できる展覧会で、観覧料は無料。

 「美術と教育 全国リサーチプロジェクト」は2019年で3期目を迎える。「こんな授業を受けてみたい!」と題し、国内の事例にとどまらず、国外の事例や作品も含めて調査・発表。誰しも経験したことのある美術教育のこれからを捉え直す内容で、教育者・学生・アーティストそれぞれの目線や来場者とともに、美術教育の課題と可能性を探る。

 展覧会の会期中には、シンポジウムやラウンドテーブル、座談会、教育関係者に向けて東京藝術大学の公開授業も実施予定。シンポジウムは初日の10月13日に開催され、文化庁参事官の坪田知広氏、東京大学芸術創造連携研究機構副機構長の岡田猛氏、国立近代美術館主任研究員の一條彰子氏らが登壇。「芸術は、あらゆる学問とつながり社会を拓いていく」をテーマに、これからの時代に必要な美術教育のビジョンを描く。事前申込不要、参加費無料。

 学校教育関係者を対象とした公開授業は事前予約制。10月17日・18日・23日・29日・31日の実施日で、絵画科油画専攻や美術教育研究室などが計7つの授業を行う。授業の3日前まで申込みを受け付けるが、教室の定員に達し次第受付終了となる。

 各イベントの日時などの詳細は、「美術と教育 全国リサーチプロジェクト」Webサイトに掲載されている。会期中、会場となる東京藝術大学大学美術館は月曜日に休館。ただし10月14日と11月4日は開館し、10月15日は閉館となる。

◆美術と教育 全国リサーチプロジェクト2019「こんな授業を受けてみたい!」
会期:2019年10月13日(日)~11月4日(月・祝)
会場:東京藝術大学大学美術館本館地下2階展示室1、2(東京都台東区上野公園12-8)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館:月曜日
※10月14日(月・祝)と11月4(月・祝)は開館、10月15日(火)は閉館
観覧料:無料
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)