バス停のバリアレス縁石、システム名称は「PlusStop」

ブリヂストンは10月21日、横浜国立大学、日本交通計画協会、アドヴァンスと共同で研究・開発を進めているバス停バリアレス縁石のシステム全体の名称を「PlusStop(プラスストップ)」と決定したと発表した。

生活・健康 その他
バス停バリアレス縁石システム PlusStop(プラスストップ)
  • バス停バリアレス縁石システム PlusStop(プラスストップ)
  • バス停バリアレス縁石システム PlusStop(プラスストップ)
ブリヂストンは10月21日、横浜国立大学、日本交通計画協会、アドヴァンスと共同で研究・開発を進めているバス停バリアレス縁石のシステム全体の名称を「PlusStop(プラスストップ)」と決定したと発表した。

PlusStopは、縁石側面の特殊な形状等により縁石がタイヤをガイドし、バスを停留所に寄せやすくすることで、バス利用者のスムーズな乗降を可能にするもの。今後、都市化や高齢化、環境問題の深刻化が進む中、公共交通は重要性を増していくと考えられている。PlusStopは、特にバス輸送における大きな課題である、高齢者、ベビーカー利用者、車いす利用の障がい者等を含むすべての人々が安心してスムーズに乗り降りできるバリアフリー化に寄与。また、スムーズな乗降を実現することで、バスの定時運行にも貢献する。

PlusStopとは、バス停の英語表記である「Bus stop」に、付加価値を加えたものという意味の「Plus」をあわせた造語。わかりやすく印象に残る名称とすることで、認知拡大を図るとともに、日本国内における設置数の増加を目指す。

バス停のバリアレス縁石、システム名称は「PlusStop」---ギリギリに止める

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)