都立高の第3学期転学・編入学…全日制171校が募集

 東京都教育委員会は2019年11月19日、2020年度(令和元年度)第3学期都立高等学校転学・編入学募集について公表した。全日制は、国立、西、日比谷など171校で実施。第1学年で1,297人、第2学年で2,646人の計3,943人を募集する。

教育・受験 高校生
 東京都教育委員会は2019年11月19日、2020年度(令和元年度)第3学期都立高等学校転学・編入学募集について公表した。全日制は、国立、西、日比谷など171校で実施。第1学年で1,297人、第2学年で2,646人の計3,943人を募集する。

 東京都では、保護者の転勤などに伴う転住、海外からの帰国のほか、都立高校全日制在籍者が特別の事情によりほかの都立高校全日制への転学(原則、1年度間に1回)を希望する場合や、中等教育学校後期課程からの編入学にも対応している。

 2020年度第3学期転学・編入学募集の実施校は、全日制課程171校、定時制課程54校、通信制2校。全日制の募集人員は、第1学年で1,297人、第2学年で2,646人の計3,943人となる。

 募集区分は、保護者の転勤などによる都外からの一家転住者を対象とした「区分1」と、一般を対象とした「区分2」の2つ。「区分1」の該当者は「区分2」で応募することもできる。

 たとえば、国立(普通)は第1学年で「区分1」2人と「区分2」1人、第2学年で「区分1」2人を募集。西(普通)は第1学年で「区分1」1人と「区分2」1人、第2学年で「区分1」2人と「区分2」1人。日比谷(普通)は第1学年で「区分1」1人と「区分2」2人、第2学年で「区分1」1人と「区分2」2人を募集する。普通科の選抜は、一部の学校を除き、国語・数学・英語の学力検査と面接が行われる。

 そのほか、海外帰国生徒対象は、三田(普通)が第2学年2人、竹早(普通)が第1学年3人と第2学年3人、国際(国際)が第1学年3人、日野台(普通)が第1学年10人と第2学年1人を募集する。海外帰国生徒対象の選抜は、国語・数学・英語の学力検査と面接が行われる。ただし、国際の第1学年については、作文と面接による選抜となる。

 出願受付期間、選抜日、発表日は学校によって異なる。入学考査料は全日制が2,200円、定時制および通信制が950円。なお、東日本大震災、2016年熊本地震、2018年7月豪雨および2018年北海道胆振東部地震による都外の災害救助法適用地域に住所を有する者が受検する場合、入学考査料は免除される。

 手続きについての詳細は、志願先の都立高校に照会すること。そのほか、都立高校入試相談コーナーや東京都教育相談センターも問合せに応じる。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)