就活漫画「僕たちはまだ、仕事のことを何も知らない。」発売

 学研プラスは2020年5月21日、人生の岐路に立った3人の大学生が、悩み、迷い、苦しみながら自分の進路を見つけていく、就職活動のリアルを描いた漫画「僕たちはまだ、仕事のことを何も知らない。」を発売した。定価は1,300円(税別)。

趣味・娯楽 小学生
 学研プラスは2020年5月21日、人生の岐路に立った3人の大学生が、悩み、迷い、苦しみながら自分の進路を見つけていく、就職活動のリアルを描いた漫画「僕たちはまだ、仕事のことを何も知らない。」を発売した。定価は1,300円(税別)。

 「僕たちはまだ、仕事のことを何も知らない。」は、3人の大学生たちが、就職活動を通して「本当に自分にあった仕事はなんだろう?」「就職するってどういうことなんだろう?」など、働くことの意味を考えていく、児童書ジャンルの漫画。

 本書のテーマは「仕事とともに、どうやって幸せな人生を送るか」。精神論や理想論だけで「仕事」を語るのではなく、かといって、安易な就活ノウハウや面接テクニックなどを紹介する本でもない。

 現実に即した厳しい就職活動を描写するとともに、「幸せな仕事人生」をスタートさせるにはどうすればよいかを考えていくという。さらに、社会人としての自覚や責任についても学ぶことができる。

 子どもになじみのない「就職活動」だが、メッセージを「物語」で展開しているため、楽しく読み進めることができ、個性的な脇役の仕事に対する姿勢から、さまざまな「考え」「価値観」を学ぶことができる。

 キャリア教育への意識が高まっている今だからこそ、子どもに的確なアドバイスをするためにも、保護者にも読んでほしい内容になっている。

 学研出版サイト、Amazon、楽天ブックス、セブンネットから購入できる。

◆僕たちはまだ、仕事のことを何も知らない。
発売日:2020年5月21日(木)
判型:A5判/352ページ
定価:本体1,300円(税別)
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)