修学旅行など貸切バス利用…リーフレット作成

 文部科学省は2020年10月14日、国土交通省の依頼を受け、各都道府県教育委員会などに修学旅行等の学校行事におけるバスの利用について、安心して利用するためのリーフレットを作成したことを伝えた。

教育・受験 小学生
 文部科学省は2020年10月14日、国土交通省の依頼を受け、各都道府県教育委員会などに修学旅行等の学校行事におけるバスの利用について、安心して利用するためのリーフレットを作成したことを伝えた。

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、学校の臨時休業や修学旅行、社会科見学、遠足等の各種学校行事の延期などにより貸切バスの利用が控えられ、貸切バス事業者の事業収入の相当部分を占める学校関連の利用が落ち込む状態が続いてる。

 国土交通省は、バス事業者における車内消毒をはじめとしたガイドラインに基づく感染防止対策やGOTOトラベルによる需要喚起策に取り組んでいる。修学旅行等においても貸切バスを安心して利用してもらうため、貸切バスが換気性能に優れていること、車内消毒を徹底して実施していることを紹介するリーフレットおよび貸切バスに関して気軽に相談できる窓口一覧を作成した。

 リーフレットでは、貸切バスは約5分で車内の空気が入れ替わるとイラストを添えて説明。新幹線と同じレベルの高い換気性能だという。また車内のすみずみまで消毒を徹底していることを強調し、手すりなど手を触れるところを入念に消毒。換気、消毒のほか、会話を控えたりマスク着用などの旅のエチケット対策により、座席間隔を空けることなく利用できるという。リーフレットのほか、全国各地のバス協会の相談窓口を一覧にしてまとめている。

 文部科学省は、各学校や学校設置者において修学旅行等の実施に向け、貸切バスの利用を検討する場合には、バス協会の相談窓口一覧の連絡先に問い合わせが可能であるとしている。また、地方運輸局、運輸支局、地方バス協会等からバスの安全性等の説明の要望があった際には、可能な範囲で対応するよう依頼している。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)