東大理学部で考える女子中高生の未来2020、オンライン11/28

 女子中高生対象のイベント「東大理学部で考える 女子中高生の未来2020」が2020年11月28日、オンラインで開催される。理学部の卒業生と教員による講演や、研究紹介などを通して、理学部の魅力や進路決定に役立つ情報を伝える。参加申込はWebサイトにて受け付けている。

教育イベント 中学生
 女子中高生対象のイベント「東大理学部で考える 女子中高生の未来2020」が2020年11月28日、オンラインで開催される。理学部の卒業生と教員による講演や、研究紹介などを通して、理学部の魅力や進路決定に役立つ情報を伝える。参加申込はWebサイトにて受け付けている。

 「東大理学部で考える 女子中高生の未来2020」は、東京大学大学院理学系研究科・理学部の男女共同参画委員会と広報室が主催するイベント。Johnson & Johnsonの「女子中高生向けアウトリーチ活動プログラム」からの支援も受けている。

 イベントは、オンライン会議ツール「ZOOM」を使って行われる。当日は、社会で活躍する理系女子の先輩2名が登壇。東京大学大学院理学系研究科を卒業し、現在は資生堂で働く田代麻友里氏が「人生の幅が広がる、理学部という選択」、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻の馬場彩准教授が「目に見えない光『X線』で探る激動宇宙」と題した講演を行う。

 ほかにも、現役の理学部生による研究紹介や、自由歓談なども予定されている。

 対象は、女子中高生150名、保護者・教員50名。参加費は無料。事前申込制となっており、Webサイトにて参加申込を受け付けている。

◆東大理学部で考える 女子中高生の未来2020 online
日時:2020年11月28日(土)13:30~17:00 ※13:00より入場可
対象:女子中高生150名、保護者・教員50名
参加費:無料
申込方法:Webサイトにて受け付けている(先着順)
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)