【高校受験2021】山梨県立北杜など5校が「全国募集」導入

 山梨県教育委員会は、2021年度(令和3年度)から県外の志願者を募る「全国募集」を前期募集で導入する。Webサイトでは全国募集の実施校や要項、入学者選抜制度などをまとめている。

教育・受験 中学生
 山梨県教育委員会は、2021年度(令和3年度)から県外の志願者を募る「全国募集」を前期募集で導入する。Webサイトでは全国募集の実施校や要項、入学者選抜制度などをまとめている。

 山梨県は、学校の特色化の促進や部活動の活性化、産業人材の育成などにつなげるため、2021年度入学者選抜から新たに、県外からの志願者を募る「全国募集」を前期募集で導入する。県内の高校にはスケート、馬術、レスリング、野球、自転車、剣道など全国レベルの部活動がある。また、富士山を擁する緑に囲まれた県ならではの造園緑地科や森林科学科などの特色のある学科のほか、確かな技術を身に付ける工業科や商業科がある。

 全国募集を実施するのは、北杜高等学校、韮崎工業高等学校、甲府工業高等学校、農林高等学校、甲府商業高等学校の5校。出願条件は各校で異なり、学習に対する意欲や中学校の学習成績を評価する「条件A」と、部活動・スポーツの実績等を評価する「条件B・C」がある。どの条件で受検するかは、出願時に決めておく必要がある。

 たとえば北杜高等学校の募集学科は総合学科で募集人員は3人。出願の条件は、条件A、条件B(スケート部、馬術部)。韮崎工業高等学校は、工業科一括募集(電子機械科、電気科、情報技術科、環境化学科、システム工学科、制御工学科)で募集人員は計6人。出願の条件は、条件A、条件B・C(レスリング部)となっている。

 「全国募集」は前期募集で実施され、検査は調査書、面接、特色適性検査、特技(賞状や認定証などの実績証明書を評価)、個性表現(検査会場での楽器演奏・リフティングなどの披露を評価)などにより行われる。なお、後期募集では全国募集は実施しない。

 出願期間は2021年1月15日・18日・19日。検査は1月28日・29日に実施。入学許可予定者の内定は、2月5日に前期募集選抜結果内定通知書を交付する。Webサイトでは、各校の紹介や募集要項を掲載している。
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top