はたらく細胞で感染症を学ぶ「ウイルス&細菌図鑑」発売

アニメ『はたらく細胞』のキャラクターと共に、“新型コロナ”などの感染症を学べる図鑑が、2021年1月21日に発売される。

教育・受験 小学生
アニメ『はたらく細胞』のキャラクターと共に、“新型コロナ”などの感染症を学べる図鑑が、2021年1月21日に発売される。



「感染症を正しく学べる! はたらく細胞 ウイルス&細菌図鑑」は、感染症を引き起こすウイルスと細菌の違いからはじまり、 アニメ『はたらく細胞』で敵キャラとして登場する数々のウイルスや細菌のイラストを用いながら、それぞれの特徴や対処方法が学べる1冊。



ウイルスは新型コロナウイルスをはじめ、ライノウイルス、インフルエンザウイルス、ムンプスウイルス(おたふくかぜ)、デングウイルス。
細菌では肺炎球菌、化膿レンサ球菌、緑濃菌、黄色ブドウ球菌、アクネ菌、ミュータンス菌、セレウス菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクター、ピロリ菌、腸内細菌などを掲載している。



「感染症を正しく学べる! はたらく細胞 ウイルス&細菌図鑑」は、1,400円(税別)で1月21日発売。


(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

「はたらく細胞」と一緒に“新型コロナ”感染症を正しく学ぼう! 「ウイルス&細菌図鑑」発売決定

《CHiRO★》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top