ディズニー最新作「ミラベルと魔法だらけの家」本予告公開

ディズニーの長編アニメーション60作目にあたる最新作『ミラベルと魔法だらけの家』(2021年11月26日ロードショー)の日本版本予告が公開された。

趣味・娯楽 その他
ディズニーの長編アニメーション60作目にあたる最新作『ミラベルと魔法だらけの家』(2021年11月26日ロードショー)の日本版本予告が公開された。

『ミラベルと魔法だらけの家』は、2017年公開の『モアナと伝説の海』以来4年ぶりとなる新作オリジナル・ミュージカルだ。
本作でキーとなるのは、南米コロンビアの奥地にある、魔法の力を持つ不思議な家“マドリガル家”。
ここで生まれた子どもたちはそれぞれ違った個性を持つ“魔法の才能(ギフト)”を家から与えられる。しかしマドリガル家でただ1人、ギフトを授からなかった“普通の女の子”ミラベル。そんな彼女が、家の危機を知り立ち上がる様子を描く。

今回公開された日本版本予告で映し出されるのは、かつてロウソクのもたらす“奇跡”によって魔法の力を与えられた不思議な家“マドリガル家”の様子。
陽気なラテンのリズムにあわせて動く床や引き出し、滑り台のように形が変わる階段など、家中が魔法だらけだ。
この家で唯一魔法のギフトがないミラベルは、疎外感や不安を抱きつつも持ち前の明るさで前向きに過ごしていたが、ある日、家に大きな亀裂があることに気づく。
世界から魔法の力が失われていく危機が訪れたとき、「魔法の力がないからこそ、どんなことも私ならできる!」と、立ち上がることを決意して……。


<魔法×音楽>に満ち溢れたミュージカル・ファンタジー『ミラベルと魔法だらけの家』は、11月26日ロードショー。

(C)2021 Disney. All Rights Reserved.

ディズニー最新作「ミラベルと魔法だらけの家」日本版本予告公開! 魔法にあふれた“マドリガル家”の様子が明らかに

《小野瀬太一朗》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top