「WPIサイエンスシンポジウム」オンライン12/18

 金沢大学ナノ生命科学研究所は2021年12月18日、高校生を対象に、「未来へ向かうNano World」をテーマとしたイベント「第10回WPIサイエンスシンポジウム」をライブ配信で開催する。事前予約制。

教育イベント 高校生
 金沢大学ナノ生命科学研究所は2021年12月18日、高校生を対象に、「未来へ向かうNano World」をテーマとしたイベント「第10回WPIサイエンスシンポジウム」をライブ配信で開催する。事前予約制。

 世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)サイエンスシンポジウムは、優れた研究環境ときわめて高い研究水準を誇るWPI研究拠点の成果を広く紹介するために毎年開催するもので、第一線の研究者が世界から集まる。

 WPI研究拠点プログラムは、「目に見える国際研究拠点」の形成を目指して、2007年に文部科学省が開始した。2021年現在、日本各地で14の研究拠点が研究活動を展開し、世界最高水準の研究成果を生み出し続けている。

 第10回のWPIサイエンスシンポジウムでは、10億分の1メートルのスケールの世界、「Nano World」にスポットをあてる。世界トップクラスの研究者たちが挑む、「Nano Worldの謎と不思議」についてや、研究の最前線を知り、研究の醍醐味に触れ、科学の未来を覗き見ることができる機会だという。

 当日は、石川県立音楽堂よりライブ配信で開催する。午前の部の講演会では、医学・医療、材料科学、環境科学、生命科学を切り口に、「Nano World」を舞台とする最先端の研究成果を紹介。午後の部では、高校生と世界トップクラスの研究者との研究交流を企画している。

 参加希望者はWebサイトにて事前予約を行うこと。Webサイトではシンポジウム当日のタイムスケジュール等の詳細確認も行える。

◆第10回世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)サイエンスシンポジウム
日時:2021年12月18日(土)9:00~17:30
会場:石川県立音楽堂よりライブ配信
対象:高校生(中学生、大学生、一般も参加可能)
参加費:無料
申込方法:Webサイトにて申し込む
《鈴木あさり》

編集部おすすめの記事

特集

page top