韓国に関するニュースまとめ一覧

「娘のために仕事をやめた」平昌五輪スノーボード金メダリストを支えた両親 画像
趣味・娯楽

「娘のために仕事をやめた」平昌五輪スノーボード金メダリストを支えた両親

 平昌冬季五輪のスノーボード女子ハーフパイプ。13日に決勝が行われ、韓国系米国人、17歳のクロエ・キム選手が優勝した。女子スノーボーダーでは史上最年少の金メダル獲得となった。

TOKYO FM、平昌冬季五輪選手が「試合前に聴く曲」オンエア 画像
趣味・娯楽

TOKYO FM、平昌冬季五輪選手が「試合前に聴く曲」オンエア

 TOKYO FMは、平昌冬季オリンピック出場選手が試合前に聴く曲をオンエアするスペシャル企画「アスリートたちのCheer up SONGS」を2月23日(金)まで実施する。

平昌冬季オリンピック、注目度1位は羽生結弦…金メダル予想1位は? 画像
趣味・娯楽

平昌冬季オリンピック、注目度1位は羽生結弦…金メダル予想1位は?

 平昌冬季オリンピック開幕まであと2日。日本代表全選手のなかでもっとも注目されているのは羽生結弦選手、もっとも金メダルを獲得すると予想されたのはスピードスケートの小平奈緒選手であることが、産業能率大学が全国1万人を対象に実施した調査により明らかになった。

「デジタルTVガイド」平昌冬季五輪特集号、羽生結弦ロングインタビュー 画像
趣味・娯楽

「デジタルTVガイド」平昌冬季五輪特集号、羽生結弦ロングインタビュー

 東京ニュース通信社は、平昌冬季オリンピックをテレビで楽しむための特別企画を掲載した「デジタルTVガイド 平昌冬季五輪超特大号!!」を発売した。

平昌2018で東京2020をPR「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」開設 画像
生活・健康

平昌2018で東京2020をPR「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」開設

東京2020組織委員会と東京都は、平昌2018オリンピック・パラリンピック冬季競技大会期間中、「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」を江陵オリンピックパーク内に開設する。

2017年JCJKには「韓流」が流行、言葉部門に○○み 画像
生活・健康

2017年JCJKには「韓流」が流行、言葉部門に○○み

 女子中高生向けのマーケティング支援などを手がけるAMFは、女子中高生の「2017年の流行語大賞」と「2018年のトレンド予測」を発表した。2017年の流行語ヒト部門では「TWICE」、モノ部門では「チーズタッカルビ」が1位に輝いた。

韓国センター試験「スヌン」目前…直近不正は197件、受験の注意を 画像
教育・受験

韓国センター試験「スヌン」目前…直近不正は197件、受験の注意を

 2017年11月16日(木)に実施される、2018年度の韓国「大学修学能力試験(修能、スヌン)」。年に1度の試験であることから、受験生の緊張も高まっている。試験2日前にあたり、韓国教育部は11月14日(現地時間)に受験生留意事項を掲載した。

平昌オリンピックまであと3か月、北島康介と白石阿島が聖火リレー 画像
趣味・娯楽

平昌オリンピックまであと3か月、北島康介と白石阿島が聖火リレー

 「第23回オリンピック冬季競技大会(平昌)」開幕3ヵ月前にあたる11月9日(木)18時30分、競泳界のレジェンド北島康介とトップクライマーの白石阿島が、「平昌オリンピック聖火リレー」の聖火ランナーを務めた。

高等教育在学率1位は韓国、日本は7か国中6位で変化なし 画像
教育・受験

高等教育在学率1位は韓国、日本は7か国中6位で変化なし

 文部科学省は9月27日、7か国の教育状況を統計データで示した「諸外国の教育統計」平成29年(2017年)版を公表した。高等教育在学者の人口千人あたりの人数は、韓国がもっとも高く、日本は中国についで2番目に低いことが明らかになった。

JTB「親子留学」4/4受付開始、加・英など6か国6都市から選択 画像
教育・受験

JTB「親子留学」4/4受付開始、加・英など6か国6都市から選択

 JTBグループで目的型旅行に特化したJTBガイアレックは、「親子留学」の受付けを4月4日より開始する。留学先は、カナダ・バンクーバーやイギリス・ロンドンなど6か国6都市から選んで語学研修を受けられる。

日本の高校生、ICT活用が4か国中最低…日米中韓の比較 画像
教育ICT

日本の高校生、ICT活用が4か国中最低…日米中韓の比較

 日本の高校生は米国や中国、韓国と比べて、パソコンの利用、プログラミング、インターネットを利用して勉強することなど情報通信技術(ICT)の活用が少ないことが、国立青少年教育振興機構の調査結果より明らかになった。

日本の高校生、試験前に「まとめて勉強」するだけ…4か国を比較 画像
教育・受験

日本の高校生、試験前に「まとめて勉強」するだけ…4か国を比較

 国立青少年教育振興機構(NIYE)は3月13日、日本・アメリカ・中国・韓国の4か国を比較した「高校生の勉強と生活に関する意識調査報告書」を公開した。日本の勉強の仕方は「試験前にまとめてするだけ」で、日本と中国は教科書の内容を覚える授業が多い。

6か国の大学費用比較、無料国ある一方で日本は高額かつ奨学金に課題 画像
教育・受験

6か国の大学費用比較、無料国ある一方で日本は高額かつ奨学金に課題

 文部科学省は11月28日、「諸外国の教育統計」平成28年(2016年)版を公開した。大学の学生納付金を、日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、韓国の6か国で比べている。日本と韓国を除く国では、入学料や授業料を課さない大学が目立つ。

高等教育在学率、日本は7か国中最低…1位は韓国 画像
教育・受験

高等教育在学率、日本は7か国中最低…1位は韓国

 文部科学省は11月25日、7か国の教育状況を統計データで示した「諸外国の教育統計」平成28年版(2016年度版)を公表した。高等教育在学者の人口千人あたりの人数は、韓国がもっとも高く、日本がもっとも低いことが明らかになった。

韓国「大学修学能力試験」スタート、日本のセンター試験はH29年1/14・15 画像
教育・受験

韓国「大学修学能力試験」スタート、日本のセンター試験はH29年1/14・15

 「一発勝負」とも呼ばれる日本、中国、そして韓国の大学入学試験。11月17日、韓国では2017年度大学修学能力試験(修能、スヌン)が始まった。試験会場前に後輩が集まり、受験生を応援するようすを中央日報が報じた。

大学の世界展開力強化事業、東大や東京芸大など9校が採択 画像
教育・受験

大学の世界展開力強化事業、東大や東京芸大など9校が採択

 文部科学省は10月31日、「平成28年度大学の世界展開力強化事業~アジア諸国等との大学間交流枠組み強化~」のタイプA-2において、決定した採択事業を発表した。東京大学や東京芸術大学など9校の事業が採択された。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top