2012年の8つの脅威を予測、上位3つがAndroid関連

デジタル生活 その他

フォーティネットジャパン株式会社は12月15日、FortiGuard Labsによる2012年の脅威予測を公表、警戒すべき8つの脅威を指摘した。上位8つの脅威は、「モバイルデバイスを人質に取るランサムウェア」の登場、SMSメッセージ内やFacebook、Twitterなどのソーシャルネットワーク上にワームに感染したリンク先を通じた「Androidへのワーム攻撃」、Windowsモバイルフォンで確認されたポリモーフィズムがAndroidデバイス上に現れるのも時間の問題とする「Polymorphism(ポリモーフィズム)はクラッカーを望むか?」。

このほか、「ネットワークベースのマネーロンダリングに対する取締り」「セキュリティ分野での官民の連帯」「攻撃の視野に入ったSCADAの脅威」「スポンサーによって支援された攻撃」「大義を一刀両断する」を挙げている。

2012年の8つの脅威を予測、上位3つがAndroidに関わる脅威(フォーティネット)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)