あなたは見破れますか? 警視庁が振り込め詐欺の音声ファイルを多数公開

デジタル生活 その他

音声ファイルは、演者による再現ものと、実際の犯罪でのやりとりを録音したものの2種類
  • 音声ファイルは、演者による再現ものと、実際の犯罪でのやりとりを録音したものの2種類
  • 警視庁「あなたは見破れますか?振り込め詐欺のテクニック」ページ
 警視庁は27日、公式サイト内の「あなたは見破れますか?振り込め詐欺のテクニック」ページにて、振り込め詐欺の音声ファイルをサイトで複数公開した。

 WMA(Windows Media Audio)形式のファイル計9個が公開されており、さまざまなパターンで金品を詐取しようとする様子が、具体的に分かるものとなっている。

 音声が掲載されたページでは「犯人は複数で、劇団のようにそれぞれ刑事役、弁護士役などの役柄を分担し、あの手この手でだましにきます」とし、「会社の金で株に手を出して失敗 横領で訴えられる 助けて!」「俺の責任だ! 今日中に会社の取引先にお金を支払わなければならない」「誰にも言わないで 不倫相手を妊娠させた 示談金を何とかして!」といったシチュエーションでの振り込め詐欺の様子を、電話がかかってきた時点から聞くことができる。

 Windows Media Playerなどで、音声ファイルは視聴可能。音声は、基本的には演者によって再現されているが、一部は実際の犯罪でのやりとりを収録したものもあり、振り込め詐欺犯人が、実際に掛けてきた電話を聞くこともできる。手口としては広く理解していても、実際の音声を聞く機会はなかなかないはずだ。このファイルを活用して、心の準備をしておこう。

警視庁、“振り込め詐欺”の音声ファイルを多数公開……再現と実録の両パターン

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)