アップル、iTunes Uを一新し教育分野へ

 米アップルは19日(現地時間)、ニューヨークでイベントを開催し、新しいiTunesUアプリを発表した。

教育ICT モバイル
アップルのiTunesUの紹介ページ。
  • アップルのiTunesUの紹介ページ。
  • iTunesUの利用イメージ。
 米アップルは19日(現地時間)、ニューヨークでイベントを開催し、新しい「iTunes U」アプリを発表した。

 iTunesUは以前からアップルが提供している教育向けのサービスで、世界中の大学の講義をポッドキャストで聞くことができる。新しいiTunesUアプリはiTunes StoreのiTunes Uセクションに簡単にアクセス出来るだけでなく、生徒と教師のコミュニケーションをサポートする機能が追加されているのが特徴。

 教師はiTunes Uを通じてメッセージや課題を生徒に送信したり、講義要項を共有することができる。一方、生徒は動画、文書、アプリケーション、教科書といった教材に簡単にアクセスすることができる。

 アップルでは、iTunes Uは大学レベルの学生と教授の双方にとって主要なハブとなる予定だとした。また、同サービスは同じ日に発表されたiBooks 2と完全に統合される。

教育分野へのもう一つのアプローチ、アップルがiTunes Uを一新

《山田 正昭@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)