【高校受験】H24和歌山県立高校入試、問題と解答が公開

教育・受験 受験

和歌山県教育委員会
  • 和歌山県教育委員会
 和歌山県は、3月12日に県立高等学校入学者選抜を実施し、県教育委員会は解答を 特設Webサイトで公開している。

 入試は、午前中に国語、社会、数学の3教科が行われ、午後から理科と英語の2教科が実施された。和歌山県の教育委員会は、著作権などの関係で掲載できない国語を除き、社会、数学、理科、英語の4教科の問題と解答を公開。また、わかやま新報は、国語、社会、数学の問題と解答を同紙の5面から7面にかけて掲載すると発表。残りの理科と英語は14日付けで掲載するという。

 同県教育委員会が3月5日に公開した「平成24年度 和歌山県立高校入学者選抜本出願状況(一般選抜・スポーツ推薦)」によると、全日制の出願者数は7,388名。定員7,397に対する平均出願倍率は1.00倍だった。学校別に見ると、和歌山北の普通科(西校舎)が最も高い1.41倍。その後、向陽の1.18、笠田普通科の1.16倍、神島普通科の1.11倍が続いた。

 なお、13日に面接・実技検査などが行われ、21日に合格者が発表される。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)