AppleのWebブラウザーに複数の脆弱性、セキュリティアップデートを公開

デジタル生活 パソコン

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月13日、Apple社が提供するWebブラウザ「Safari」に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。これはApple社が「Safari 5.1.4」およびセキュリティアップデートを公開したことを受けたもの。

「Apple Safari 5.1.4 より前のバージョン」には、複数の脆弱性が存在する。これらの問題が悪用されると、各脆弱性により影響は異なるが認証情報が漏えいしたり、任意のスクリプトの実行、DoS攻撃を受けるなど影響を受ける可能性がある。JVNでは、Apple社が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。

Appleが「Safari」のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JVN)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)