フルブライト奨学金、4都市で説明会…大学院留学など返済不要

教育・受験 その他

2013年度、フルブライト奨学生募集
  • 2013年度、フルブライト奨学生募集
  • 2013年度、フルブライト奨学生募集
  • 2013年度、フルブライト奨学生募集
  • 2013年度、フルブライト奨学生募集
  • 日米フルブライト交流プログラム60周年記念公開シンポジウム
 フルブライト奨学金事業などを実施している日米教育委員会は、日本人対象の2013年度フルブライト奨学金の募集を4月上旬に開始すると発表。同時に、東京、大阪、福岡、札幌の4会場で説明会も開催される。

 フルブライト・プログラムは、日米両国の共同管理のもと、所属機関・移住地・人種・信条などに関係なく応募者個人の資質に基づいて選考しており、一般公募の奨学金制度としては国際的に高い評価を受けているという。また、同奨学金は給付型で返済義務がなく、内容も往復渡航費、生活費、授業料、家賃、同伴家族に対する補助手当などと充実している。

 2013年度の日本人対象の奨学金は、大学院留学(学術系学位)、大学院留学(専門職学位)、大学院博士論文研究、研究員、ジャーナリストの5種類。給付対象となる研究分野も、米国の研究、環太平洋地域の政治・経済関係、現代社会の諸問題、グローバル社会の課題、教育の5種類だという。

 奨学生のオンライン申し込み開始は、4月の上旬を予定しており、5月31日に締め切られる。大学院留学プログラムおよび大学院博士論文研究プログラムに申し込む場合は、2010年6月から2012年5月の間に実施されたTOEFLまたはIELTSを受験する必要がある。必要な成績は、TOEFL(iBT)80点以上、IELTS 6.0以上だという。

 4月の申し込み受け付けに先立ち、フルブライト奨学金説明会とアメリカ大学・大学院留学説明会が東京、大阪、福岡で開催される。札幌の会場では、「北海道海外留学フェア」内で行うため、フルブライト奨学金説明会のみの実施。東京、大阪、札幌会場での説明会申し込みには事前にオンライン登録が必要。申し込みフォームと詳細はWebサイトで公開されている。

 なお、1952年に設立された日米間のフルブライト交流プログラムは2012年で60周年。5月26日に「あしたを拓く」というテーマの下、ノーベル化学賞受賞者の根岸英一博士の基調講演などを含めた記念シンポジウムを行うという。会場は津田塾大学千駄ヶ谷キャンパスの津田ホール。参加は無料だが、事前申し込みが必要で、4月中旬よりオンラインにて受け付けを開始するという。

◆フルブライト奨学金説明会
東京(アメリカ大学・大学院留学説明会も同時開催)
・開催日時:3月26日(月)16:00〜17:00、4月27日(金)16:00~17:00、5月29日(火)16:00~17:00
・会場:日米教育委員会、会議室

大阪(アメリカ大学・大学院留学説明会も同時開催)
・開催日時:4月21日(土)16:00~17:00
・会場:大阪府咲洲庁舎 44階、大会議室

福岡(アメリカ大学院留学説明会も同時開催)
・開催日時:4月25日(水)14:30~15:00
・会場:九州大学 箱崎キャンパス国際ホール

札幌
・開催日時:5月19日(土)時間未定
・会場:北海道大学国際本部
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)