TOEICテスト、2011年度の受験者数は28%増の227万人

教育・受験 その他

TOEICテスト受検者数の推移
  • TOEICテスト受検者数の推移
  • TOEICテスト総受検者数
  • TOEICスピーキングテスト・ライティングテスト/TOEIC Bridge総受検者数
 日本でTOEICプログラムを実施・運営する、一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会は4月4日、2011年度のTOEICテスト受験者数が227万人に達したことを発表した。

 同協会によると、2011年度のTOEICテスト総受験者数は前年度に比べ49万人(28%)増の227万人だったという。

 TOEICプログラムには「TOEICテスト」「TOEICスピーキングテスト」「TOEICライティングテスト」「TOEIC Bridge」があり、「TOEICスピーキングテスト・ライティングテスト」の総受験者数は、前年度に比べ2,200人(26%)増の1万700人となったという。また、TOEIC Bridgeの総受験者数は21万3千人で、前年度より4千人(2%)増となっている。

◆TOEICテスト
Test of English for International Communicationの略称。1979年に開始された英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト。

◆TOEIC Bridge
TOEICへの架け橋という意味を込めて、基礎的なコミュニケーション英語能力を評価する世界共通テストとして開発され、2001年より開始。スコア表示による評価方法や評価基準が一定に保たれる点など、TOEICテストの特長を備えつつ初・中級レベルの英語能力測定のために設計されたテスト。結果は20点~180点までのスコアで評価される。

◆TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト
国際的な職場環境において効果的に英語でコミュニケーションをとるために必要な、話す・書く能力を測定するテスト。0点~200点までのスコアで評価する。発音・イントネーション、アクセントについても3段階で評価を知ることができる。
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)