東京都、2013年度公立学校教員採用選考結果を発表…過去5年で最高の受験倍率

 東京都教育委員会は10月19日、2013年度公立学校教員採用候補者選考の結果を発表した。受験倍率は全体で5.7倍、うち小学校は4.1倍と過去5年間で最高の受験倍率となった。

教育・受験 その他
過去5年間の受験者数・受験倍率
  • 過去5年間の受験者数・受験倍率
  • 2013年度東京都公立学校教員採用候補者選考結果について
 東京都教育委員会は10月19日、2013年度公立学校教員採用候補者選考の結果を発表した。受験倍率は全体で5.7倍、うち小学校は4.1倍と過去5年間で最高の受験倍率となった。

 受験者数17,326名のうち、選考の結果、3,059名を採用候補者として名簿搭載した。今年度から新たに実施した小学校全科(理科コース)の名簿登載者数は16名。また、2011年度から実施している県教育委員会(秋田県、大分県、高知県)と連携した協調特別選考の名簿登載者数は27名、スポーツ・文化・芸術特別選考の名簿登載者数は4名となった。

 採用候補者名簿登載者の受験番号は、10月19日10:00より東京都庁第二本庁舎1階臨時窓口(南)に掲示するほか、東京都教育委員会のホームページに掲載している。

 今後の予定は、11月中旬に採用候補者名簿登載者を対象として、採用までの手順や手続などに関する説明会を実施する。その後、2013年2月以降順次、各区市町村教育委員会や都立学校へ紹介を行い、面談を経て、2013年4月1日付けの採用となる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)