BEOと海外教育機関が総額約200万円の奨学金設立…留学の夢実現を支援

教育・受験 その他

オックスフォード・ブルックス大学日本語ホームページ
  • オックスフォード・ブルックス大学日本語ホームページ
  • beoアメリカ留学のウェブサイト
留学生支援 海外教育機関(米・英)と共同で総額約200万円の奨学金を設立
 留学をサポートするBEO株式会社は、ひとりでも多くの方が留学の夢を実現することができるよう、海外の2つの教育機関との共同で、奨学金を設立し応募受付を開始したことを発表した。

・オックスフォード・ブルックス大学(イギリス)×beo共同奨学金
【対象コース】
当大学への学部短期留学(Study Abroad Programme)※1
※2013年4月〜6月開始コース
【支給額】授業料の一部として1,500ポンド
【支給者数】2名
【募集受付期間】2012年4月25日〜2012年6月30日
【応募資格・申込み方法等の詳細】
オックスフォード・ブルックス大学日本語ホームページ内、下記に募集要項を掲載
http://www.oxfordbrookes.jp/applicants/scholarship_jya.html
※1 学部短期留学(Study Abroad Programme)
現地の大学生と共に授業を受けることができるプログラム。
期間は6ヶ月から。
プログラムによって、日本の所属大学との単位交換が可能な場合は認定留学ともいわれる。

・カプラン・インターナショナル・カレッジ×beo共同奨学金
【対象コース】
ペース大学(アメリカ)大学留学準備コース(Pace University Undergraduate Pathway Program)※2
※2012年12月10日までに入学確定、2013年1月末までに入学できる方
【支給額】
授業料の一部として最大3,000ドル
beoの出願手続きサポート84,000円相当を無料で提供
【支給者数】5名
【募集受付期間】2012年4月25日〜2012年10月中旬
【応募資格・申込み方法等の詳細】
beoアメリカ留学のウェブサイト内、奨学金情報(下記)に募集要項を掲載
http://www.ryugaku-america.jp/guide/scholarship_kic.html
※2大学留学準備コース
留学生が、海外大学の授業を履修するための準備としてアカデミック英語やスタディ・スキルを学ぶコース。
一定の成績で修了すると提携大学への進学が保証される場合が多い。
《キンジロー》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)