グローバル人材を測る物差しを考える…明大で国際シンポジウム

教育・受験 その他

国際シンポジウム「グローバル人材を測る物差しを考える」
  • 国際シンポジウム「グローバル人材を測る物差しを考える」
国際シンポジウム「グローバル人材を測る物差しを考える」
 明治大学国際教育研究所の開設を記念する国際シンポジウム「グローバル人材を測る物差しを考える」を、5月18日に明治大学アカデミーホール(東京都千代田区)にて開催する。

 国際教育プログラムにおける「学生の学び」をどう可視化するかをテーマとし、学習成果分析(Learning Outcome Assessment)の概念や評価法、Eポートフォリオを使った実践例を交え、海外ゲスト(3名)と国内からの問題提起者を中心にディスカッションを行うという。

【概要】
日時:2012年5月18日(金)午後1時30分〜午後6時00分(午後1時開場)
会場:明治大学 アカデミーホール(アカデミーコモン内)
参加費:無料
申込:「申込サイト」から登録

【内容】
第一部 「グローバル人材」をめぐる議論の背景
〈問題提起/Opening Presentations〉
1)飯吉 透(京都大学高等教育研究開発推進センター教授)
2)宮田裕子(ユニリーバ・ジャパン取締役 人事総務本部長)
第二部 学習成果分析−「学び」の可視化を目指して−
〈基調講演/Keynote Speech〉
1)Darla Deardorff, Executive Director, AIEA / Research Scholar, Duke University
〈講演/Lectures〉
2)Susan Kahn, Director, Office of Institutional Effectiveness; Director,
3)Beverley Oliver, Pro Vice-Chancellor (Learning Futures), Deakin University;
〈事例研究/Case Study〉
芦沢真五(明治大学国際教育研究所 副所長)
第三部 Eポートフォリオの可能性を考える
〈Eポートフォリオの実践的運用を検証/Discuss on use of ePortfolio〉
学生による海外体験報告
〈パネルディスカッション/Panel Discussion〉
「なぜ、今、Eポートフォリオか?」
《キンジロー》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)