私立大学の役割と存在意義とは…シンポジウム5/17開催

教育・受験 その他

シンポジウム「21世紀社会の持続的発展と次世代の育成を支える私立大学」
  • シンポジウム「21世紀社会の持続的発展と次世代の育成を支える私立大学」
 日本私立大学団体連合会では、シンポジウム「21世紀社会の持続的発展と次世代の育成を支える私立大学」を5月17日に学校法人文化学園にて開催する。

 日本私立大学団体連合会は、社団法人日本私立大学連盟、日本私立大学協会、日本私立大学振興協会の3団体で構成される機関。加盟団体に共通する重要事項の意思決定機関として、私立大学側の意思統一を図り、教育と研究の振興発展に寄与することを目的としている。

 今回のシンポジウムは、政府の国家戦略会議において「次世代の育成と活躍できる社会の形成に向けて」と題する提言が示されたことを受け、私立大学の役割の重要性と存在意義を改めて社会に示すことを目的に行われるもの。

 プログラムでは、同会の会長の清家篤氏をコーディネータに、民主党政策調査会副会長・文部科学部門会議座長の鈴木寛氏、国家戦略会議議員で日本労働組合総連合会会長の古賀伸明氏、同会副会長の黒田壽二氏の3氏によるパネルディスカッションが行われる。また、参加者との意見交換も予定されている。

 参加希望者はホームページより参加申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上FAXで申し込む。申込締め切りは5月16日。

◆21世紀社会の持続的発展と次世代の育成を支える私立大学
 〜国家戦略会議の民間議員提言を受けて〜
日時:5月17日(木)17:30〜19:00
会場:学校法人文化学園 A館20 階(東京都渋谷区代々木3-22-1)
対象:誰でも参加可
参加費:無料
締切:5月16日(水)
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)